古賀絵里子『BELL』


DSC_9645s.jpg
    

 古賀絵里子『BELL』
    space01.jpg
  一般発売日:2020年12月10日

  Book Design:大西正一 
  発行:赤々舎

  Size: 220mm × 250mm
  Page:160 pages
  Binding:Hardtcover

  Published in Nov 2020
  ISBN
978-4-86541-124-9



¥ 6,000+tax 

国内送料無料!

  【国内/Domestic Shipping】

お支払い方法は、銀行振込、郵便振替、
クレジットカード支払い、PayPal、PayPay よりお選び頂けます。

  【海外/International Shipping】
Please choose your area from the two below
      


 


About Book


伝説に身をもって分け入り、目のまえの家族や生活を見つめる。

人間の業そのものの肯定とともに、古賀絵里子が解き放たれた自由な生き方を希求し、

足元に芽吹く新たな可能性を見出した写真集。



『BELL』はこれまで「日常の中にある普遍的なもの」に惹かれ写真に託してきた古賀絵里子が、平安時代に成立した伝説「安珍清姫物語」とその後日談に着想を得て、制作したシリーズです。日本で最もよく知られる伝説のひとつであるこの物語は、古賀が現在生活する空間と関わりをもち、そのことが契機のひとつとなりました。

「安珍清姫物語」は、僧侶・安珍と 若い女性・清姫の激しくも哀しい恋の物語。安珍に恋をした清姫が裏切られ、逃げる安珍を追いかけるうちに、怒りで蛇身となりました。 道成寺の鐘の中に匿われた安珍を見つけた蛇は、鐘に巻きつき炎を吐いて、鐘もろとも焼き尽くします。その両眼からは血の涙を流し、ついには入水したのでした。 その後、住職に供養された二人は成仏し、 天人になったと伝えられています。
この物語は、能楽や人形浄瑠璃、歌舞伎や日舞などの伝統芸能にとどまらず、絵画や小説、舞台や映画などにも登場し、千年以上もの間、受容と表現の幅を広げながら観るものを魅了し続けてきました。 そしてこの伝説ゆかりの鐘は、いま古賀が暮らす京都の寺にあります。

『BELL』は、「安珍清姫物語」において女性が負わされた悲しみや秘められた強さを、現代を生きる私たちの中に掘り下げながら撮影されました。やがて「誰もが安珍であり、誰もが清姫である」という視点から、性別を超えた人の情動や移ろい、社会との摩擦を掬いとっていきます。
執心と怒りに燃えて安珍を追いかけるうちに「般若」となり、さらには「真蛇」となった清姫の姿は、日常生活を営むなかで口に出せない悲しみや苦しみ、怒りを抱えている人の姿と重なり、八百屋や商店街、河原などの日常が舞台として現れます。
本作で、古賀は初めて演出的な設定や、ストロボや赤外線カメラを用いた撮影など自在に手法を広げ、幾つもの時空間、幾つもの心を行き来するようにして構成を編み上げていきました。
そして創作と生活の狭間で、作品を生み出す葛藤を初めて経験することにもなった古賀は、その葛藤が自分や他者により深く向き合うための扉となり、これまであまり描いてこなかった「性」や、記憶に埋もれていた過去の自分とも向き合うことを果たしたのです。

伝説に身をもって分け入り、目のまえの家族や生活を見つめることによって生まれた『BELL』。
伝説の鐘は、新たな予兆や祝福の響きとしても捉えられることになりました。
「誰もが安珍であり、誰もが清姫である」─人間の業そのものの肯定とともに、古賀が、解き放たれた自由な生き方を希求し、足元に芽吹く新たな可能性を見出した作品です。




BELL

Eriko Koga

The legend of Anchin and Kiyohime is one of the most widely known folktales in Japan since the ancient times, Originated over a thousand years ago, it is a tragic love story of a Buddhist monk. Anchin, and a young woman, Kiyohime. Kiyohime falls in love with Anchin, but he betrays and evades her in order to stick to his ascetic practice. Refusing to lot go of him, Kiyohime chases after the fleeing monk, and transforms into a giant wrathful serpent along the way.
When she finds Anchin hiding inside a large bell at Dojoji temple, she wraps her body around the bell. spits fire, and incinerates the bell along with Anchin.
Devastated, Kiyohime throws herself into a river not long after her ophidian eyes streamed tears of blood.
The priest of the temple where this tragedy took place later chanted the Lotus Sutra in prayer for the salvation of these two souls, and it is told that they are both in heaven.

Through the themes of love, betrayal, obsession and despair, on top of the primal concepts of life and death, the tale emanates a compelling, universal message that appeals to audiences in any period of time. I found this legend and its sequels to be deeply moving, inspiring me to create a body of work titled BELL from 2018 to 2020.
Photographing this series was a personal journey of delving deep into ourselves living our modern lives, in order to capture a present-day interpretation of the pain and sadness that women were forced to bear as well as their inner strengths. Through an internal dialogue with the legend and an open but intimate observation of my family and our life together, I found myself yearning for a free, unbridled way of life, and in the process caught sight of new possibilities sprouting at our feet.





関連写真展



古賀絵里子 個展「BELL」 



会期:2020年10月23日(金)〜11月16日(月) 
時間:10:30~18:30(日休/最終日15時まで) 
会場:ニコンプラザ東京 THE GALLERY(新宿)
入場無料


巡回展

会期:2020年11月26日(金)〜11月16日(月) 
時間:10:30~18:30(日休/最終日15時まで) 
会場:ニコンプラザ大阪 THE GALLERY(梅田)


同時開催

DELTA 
会期:2020年10月23日(金)〜 11月17日(火)
時間:9:00〜18:00(水木休み)
会場:DELTA(KYOTOGRAPHIE パーマメント スペース/京都市上京区桝形通寺町東入三栄町62)
 

 
【Other Exhibiton 】

古賀絵里子・鈴木理策 写真展「高野山・熊野」

会期:2020年11月6日(金)~11月12日(木)
時間:10:00~19:00(最終日16:00まで/入館は終了10分前まで)会期中無休
会場:富士フイルムフォトサロン 東京(六本木 ミッドタウン)







02-DSC_9768s.JPG


IMG_0968s.jpg




Artist Information 


古賀絵里子


写真家。1980年福岡市生まれ。上智大学フランス文学科卒業、
第20期写真ワークショップ・コルプス修了。
主な著書に、写真集『浅草善哉』(青幻舎 2011)、『一山』( 赤々舎 2015)、『TRYADHVAN』(赤々舎 2016)などがある。
フォト・ドキュメンタリー「NIPPON」(2004)、 さがみはら写真新人奨励賞(2012)、「KG + AWARD」グランプリ(2015)、 Prix Virginia Jury's Choice(2018)ほか多数受賞。
国内外のギャラリー・美術館・写真祭にて、 個展やグループ展を開催。フランス国立図書館・清里フォトアートミュージアムに作品収蔵。京都市在住。


Eriko Koga


Eriko Koga is a photographer who has shown in various solo and group exhibitions both at home and abroad.

Her works are featured in the permanent collections of the Kiyosato Museum of Photographic Arts and Bibliothèque nationale de France. 

Photobooks by Koga include Asakusa Zenzai
(Seigensha Art Publishing, 2011), Issan (AKAAKA Art Publishing, 2015) and Tryadhvan (AKAAKA Art Publishing, 2016). 

Koga has received numerous awards, notably the Photo Documentary Nippon Award in 2004, the Photo City Sagamihara Festival's Newcomer Award in 2012, the KG + Award in 2015 and the Prix Virginia's Jury's Choice prize in 2018. 

Born in Fukuoka in 1980, Koga graduated from the Department of French Literature in Sophia University. In 2002, she attended the 20th annual photography workshop Corpus.Koga currently lives in Kyoto with her family. 


【Publications】

2016 "TRYADHVAN" (AKAAKA) 

2015 "Issan" (AKAAKA) 

2011 "Asakusa Zenzai" (SEIGENSHA) 



【Awards】

2018 "Jury's Choice", Prix Virginia Award

2017 "Sankei Children's Book Award" Grand Prix

2015 "KG+AWARD by GRAND MARBLE" Grand Prix

"Child welfare Cultural Award", Foundation for Promoting Sound Growth of Children

2014 "Nikkei NATIONAL GEOGRAPHIC Photo Award "

2012 "Asakusa Zenzai" Sagamihara Photo City Prize for Newcomer Professionals

2004 "Photo Documentary 'Nippon' 2004" awards, Guardian Garden


Solo Exhibitions

2018 "Life Live Love" Irie Taikichi Memorial Museum of Photography, Nara

(Two person exhibition with Keiko Nomura)

2017 "Asakusa Zenzai and Issan" ESPACE KUU(Taisho University), Tokyo

"TRYADHVAN" LE MOUTON NOIR, Poitiers in France

2016 "TRYADHVAN" Emon Photo Gallery, Tokyo

2015 "Issan" Myoman-ji Temple, Kyoto  "Issan" Emon Photo Gallery, Tokyo

2013 "Issan" Emon Photo Gallery, Tokyo

2012 "Asakusa Zenzai" Emon Photo Gallery, Tokyo

2010 "Asakusa Zenzai" Solaria Park Side Gallery, Fukuoka

2008 "Asakusa Zenzai" Emon Photo Gallery, Tokyo

2004 "Asakusa Zenzai" Guardian Garden, Tokyo


Group Exhibitions

2016 "KYOTOGRAPHIE 2016" Kyoto, Japan

"Festival Photo La Gacilly 2016" France

"TBILISI PHOTO FESTIVAL 2016" Georgia

"LIANZHOU PHOTO 2016" China

2015 "KG+AWARD by GRAND MARBLE 2015 TOP" Kyoto, Japan

2013 "Young Portfolio of 2013" Kiyosato Museum of Photographic Arts, Yamanashi, Japan

"Mt.Rokko International Photo Festival 2013" Hyogo, Japan

"Colorful Guizhou" Guizhou, China

"Koyasan Cafe" Tokyo, Japan

"SERENITY Japanese Photography Exhibition" Tokyo, Japan

"Happy Maker in Koyasan in 2013" Wakayama, Japan

"Photo City Sagamihara 2012" Tokyo, Japan

2012 "Sagamihara Photo City Ward Winners Exhibition, Kanagawa, Japan

"BursaPhotoFest 2012" Bursa, Turkey

"8th Angkor Wat Photo Festival, Cambodia

2011 "Happy Maker in Koyasan in 2011" Wakayama, Japan

"Young Portfolio of 2011" Kiyosato Museum of Photographic Arts, Yamanashi, Japan

2010 "Young Portfolio of 2010" Kiyosato Museum of Photographic Arts, Yamanashi, Japan

2009 "Happy Maker in Koyasan in 2009" Wakayama, Japan

2008 "China Pingyao international Photography Festival" Pingyao, China

2007 "Young Portfolio of 2006" Kiyosato Museum of Photographic Arts, Yamanashi, Japan


Public Collections

Emon Photo Gallery (2013, 2012, 2008)

Bibliothéque National de France (2006)

Kiyosato Museum of Photographic Arts (2013, 2010, 2009, 2006)







古賀絵里子 関連書籍


古賀絵里子 『一山』

bk-koga-issan-02.jpg
古賀絵里子 『TRYADHVAN』

bk-tryadhvan-02.jpg