Events

CF003921FR_セレクトRAW_Paris Nordss.jpg

samapl02.png


【Talk & Book signing】
 
写真に〈再び〉出会うこと   石川竜一 と 奥山由之  



石川竜一と奥山由之。
共に新作を発表したばかりの二人が自作について語りながら、いま写真について抱く思いや考えを交わします。

石川竜一の「OUTREMER 群青」は、「海の向こう」の地、フランスで撮影されたもの。初めての土地を歩きながら遭遇した人や光景に、どのように関わり、何を見出しているのでしょう。
奥山由之の「As the call, So the echo」は「ある村」の日常  ─ 命が宿り、球体を描くようにして人の輪が創り上げられていく様子 ─を描き出したもの。自らの写真の分岐点と位置づけるこの作品によってもたらされたものが浮かび上がります。

「イメージ」や「目の前の光景」との関わり、「撮る」ことと「見る」ことの往還に触れながら、いま向き合っている写真について、最も注目される写真家による対話です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:2017年12月9日(土)14:00〜 (13:30開場)

料金:1000円  +(1drink 500円)

当日、石川竜一 写真集購入者に特典あり
当日、奥山由之 写真集購入者に特典あり<ポストカード>

【出演】

石川竜一(写真家)
奥山由之(写真家)

【予約】

下記フォームよりお申込み下さい。
→ 定員に達したため、ご予約受付を終了いたしました。沢山のご予約、誠にありがとうございました。

<PROFILE>

石川竜一(Ryuichi Ishikawa)

1984年沖縄県生まれ、沖縄県在住。2015年に木村伊兵衛写真賞、日本写真協会新人賞を受賞。近年の主な展覧会に「考えたときには、もう目の前にはない」(横浜市民ミュージアムあざみ野、2016年)、「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」(森美術館、東京、2016年)、「BODY/PLAY/POLYTICS」(横浜美術館、2016年)、「日産アートアワード2017 ファイナリスト5名による新作展」(BankART Studio NYK、横浜、2017年)など。主な写真集に、『絶景のポリフォニー』、『okinawan portraits 2010-2012』、『adrenamix』、『CAMP』、『okinawan portraits 2012-2016』がある。
新作個展「OUTREMER/群青」(会期2017年11月11日〜12月10日)を、アツコバルー arts drinks talk (渋谷)にて開催中。同名の写真集を製作中。


奥山由之(Yoshiyuki Okuyama)

1991年東京生まれ。2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。 2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞受賞。著作は他に『THE NEW STORY』(15 年)、『march』(15 年)、『君の住む街』(17年)などがある。
主な個展は、「Girl」Raum1F(12 年)、「BACON ICE CREAM」パルコミュージアム(16 年)、「THE NEW STORY」POST(16 年)、「Your Choice Knows Your Right」REDOKURO(17 年)、「君の住む街」表参道ヒルズ スペースオー(17年)など。
新作個展「As the Call, So the Echo」(会期 2017年11月18日-12月24日)を、Gallery916(竹芝)にて開催中。
同名の写真集『As the Call, So the Echo』(本体価格4500円、上製布装、168頁)を赤々舎より2017年12月10日刊行。


会場:VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)

 
新潟市沼垂にある写真集を中心とした本屋、BOOKS f3(ブックス エフサン)さんにて、『ヤズディの祈り』の林典子さんと小社代表 姫野によるトークイベントが開催されます。
当日はポートフォリオレビューも開催されますので、ぜひご参加くださいませ。新潟で皆さまと写真にお会いできるのをたのしみにしております!


unnamed-1.jpg IMG_0182.JPG



 

① 林典子(写真家)×姫野希美(赤々舎) トークイベント

 

日時:2017年11月26日(日)

開場:17:30 時間:18:00~19:30

場所:BOOKS f3(新潟市中央区沼垂東2丁目1-17)

定員:20名  参加費:1,500円

申し込みフォームより要予約:https://goo.gl/forms/tghpWOmxPpoNTvgh2

 

2015年からイラクとドイツで取材をしてきた中東の少数民族・ヤズディ。

IS(イスラム国)による攻撃で2014年の夏に故郷を追われた

ヤズディの人々の記憶を写真と文章で紹介する、写真集『ヤズディの祈り』。

取材時のエピソードや写真集の制作ついて、

写真家・林典子さんと同写真集の出版社「赤々舎」代表・姫野希美さんにお話いただきます。

 

 

② ポートフォリオレビュー 

写真集を数多く出版している「赤々舎」代表・姫野希美による、ポートフォリオレビュー。

 

日時:2017年11月26日(日)

時間:各回20分 ※ご希望の時間帯をお選びください。先着順となります。


① 13:00〜13:20  ② 13:30〜13:50

③ 14:00〜14:20  ④ 14:30〜14:50

⑤ 15:10〜15:30  ⑥ 15:40〜16:00

⑦ 16:10〜16:30  ⑧ 16:40〜17:00


場所:BOOKS f3(新潟市中央区沼垂東2丁目1-17)

定員:8名 観覧:10名程度

参加費:4,000円(別途飲み物オーダー)、観覧のみ:500円

持ち物:参加者の方は、写真プリント20枚以上程度、その他制作したものなどをご持参ください。

申し込みフォームより要予約:https://goo.gl/forms/unOsEuQCFTg2lKvI3




会場:BOOKS f3(新潟市中央区沼垂東2丁目1-17)





『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』『adrenamix』『okinawan portraits 2012-2016』を小社から出版している石川竜一さんが、フランス・パリ、マルセイユ、コルシカ、リヨンなどで撮影した写真による個展を開催されます。 
会場ではタブロイド用紙にプリントされた作品もご購入頂けます(1万円〜、サインなし、editionなし)。
ぜひご来場くださいませ。


石川竜一 写真展 「OUTREMER/群青」



4e5b582d46c11df864e9545c70fa7663.jpg


会期:2017年11月11日(土)〜12月10日(日)
会場:アツコバルー arts drinks talk(東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F)
時間:水〜土:14:00〜20:00、日月:11:00〜18:00 休廊日:火曜
入場:¥500

http://l-amusee.com/atsukobarouh/


「大竹昭子×石川竜一 トークショー」
2017年11月17日(金)19:00〜20:30(18:30 受付開始)
料金:¥1,000
予約:アツコバルーarts drinks talk
ab@l-amusee.com / 03-6427-8048(営業時間内のみ)
※お名前・人数・お電話番号をお知らせください。
※イベント当日の通常営業は18時まで。
※電話予約は対応できない日時もあるため、メール予約をおすすめします。


【Talk & Book signing】写真に〈再び〉出会うこと   石川竜一 と 奥山由之」


日時:2017年12月9日(土)14:00〜 (13:30開場)

料金:1.000円  +(1drink 500円)

出演:石川竜一(写真家)、奥山由之(写真家)

会場:VACANT(原宿)※展示会場と異なるスペースでの開催ですので、ご注意ください


当日、石川竜一 写真集購入者に特典あり

当日、奥山由之 写真集購入者に特典あり<ポストカード>

詳細:http://www.akaaka.com/blog/12914-vacant.html



DSC_6671s.jpg



会場  アツコバルー arts drinks talk(東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F)




写真集『As the Call, So the Echo』(2017年12月10日発売)を小社から刊行される奥山由之さんが、同名の個展を11月18日から東京・竹芝のGallery 916にて開催されます。  
本展では"写真の持つ気配"を再生させるきっかけとなったある村の日常と、人と人とが交わす"何か"による交信を具象と抽象で表現した最新作約70点が、四章構成で展示されます。
また併設された展示室Gallery 916 smallでは、映像作品を特別上映を予定。会期中には、写真家の上田義彦さん、写真評論家の飯沢耕太郎さんをゲストを招いたトークセッションも開催されます。
注目の展示です!ぜひご来場くださいませ。


奥山由之 写真展 「As the Call,So the Echo」



samapl02.png



会期:2017年11月18日(土)~12月24日(日)
会場:東京都 竹芝 Gallery 916(東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F)

時間:11:00~20:00(土、日曜、祝日は18:30まで)
休廊日:月曜(祝日は開廊)
料金:一般800円 大学生・60歳以上500円 高校生300円 
※中学生以下無料

トークセッション&ブックサイニング :
11月25日(土)16:00-17:30 奥山由之 × 上田義彦
12月10日(日)15:00-16:30 奥山由之 × 飯沢耕太郎(写真評論家)

電車
新交通ゆりかもめ・竹芝駅(出入口1)から徒歩1分
JR山手線・浜松町駅(北口)から徒歩5分
都営大江戸線・大門駅(B2出口)から徒歩5分
近隣の時間貸し駐車場をご使用ください。


会場  Gallery 916(東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F)



写真集『川はゆく』の藤岡亜弥さんが高松にて写真展「川はゆく」を開催されます。
初日11/3(金)は藤岡亜弥によるポートフォリオレビュー、オープニングトークとイベントも開催されます。
ぜひ、足をお運びお運び下さい。

川はゆくTOP.jpg


                                          

会期: 2017年11月3日(金)〜11月14日(火)   会期中無休
時間:12:00-19:00/【土日祝】 10:00-19:00   入場無料 
会場:BOOK MARÜTE
アクセス:高松駅、高松港よりおよそ徒歩10分


【EVENT】

11月3日(金) 藤岡亜弥ポートフォリオレビュー 14:00-17:00
                  参加費 3,000円 要予約

11月3日(金) 藤岡亜弥オープニングトーク 19:00-20:30
      参加費 1,000円(1ドリンク付) 要予約




予約、展示詳細はこちらから




作家略歴

fujioka.jpg

藤岡亜弥 (ふじおか・あや)


1972年広島県生まれ。

日本大学芸術学部写真学科卒業。2008年新進芸術家海外研修制度(文化庁)の研修員としてNYに滞在。

2012年帰国、現在広島在住。写真集に『さよならを教えて』(2004年/ビジュアルアーツ出版)、『私は眠らない』(2009年/赤々舎)など。

2004年第24回写真『ひとつぼ展』入選、2010年日本写真協会賞新人賞、2016年第41回伊奈信男賞受賞。




BOOK MARÜTE (香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-j)







藤岡亜弥写真集『川はゆく』、『私は眠らない』は、こちらからお求め頂けます。

bk-kawahayuku_fujioka-01.jpg


Idontsleep.jpg






1234567891011