Media


本年度の木村伊兵衛賞、土門拳賞の最終選考作品に同時選出され、各所で話題を呼んでいる金山貴宏写真集『While Leaves Are Falling...』を、現在発売中のアサヒカメラ2017年5月号と、毎日新聞 4月23日(日)付 にてご紹介頂いております。


DSC_2427s.jpg
                                 <アサヒカメラ2017年5月号>

<金山さんは旅の節々でこれらの写真を撮る時、お母さん、おばさんたちを前にして「待つ」ことにある程度の時間を費やしているという。いったい、何を待っているのか?>
 
写真家大西みつぐさんによる記事です。取材は、お二人が住む江戸川区の喫茶店にて行われたそうです。


last_cmyk_rgb_69.jpg


Stephen Shore(スティーブン・ショア)やJoel Sternfeld(ジョエル・スタンフェルド)などの写真家に大学院で学んだ金山貴宏さん。
記事は、その写真が持つ「距離」がどのような距離であるか、時間、他者、優しさについて触れながら書いて頂いております。



DSC_2428s.jpg
 

DSC_2432s.jpg


同じ場所で撮影された連続する2ページもあらためてよく見てみると、母親との距離が異なるような。(アスファルトとタイル)
お母様の立ち位置の少しの違いでそう見えるのか、それとも気持ちのような何かか、、横のフェンスの草の状態、後ろの鉢の草花の状態、カーテンの状態、そして手を振る姿をわからないまま、何度も見てしまいますね。



金山貴宏.jpg
                                                                                                                                              <毎日新聞 2017年4月23日 (日)付>


写真集は書店、amazon、小社HPにて好評発売中です。東京 外苑前のShelfさんにはサイン本も有(残部僅少)
繰り返される金山さんのご家族との旅行と同様に、同じ時は訪れないまま、見る方も繰り返し見てしまう一冊です。


金山貴宏写真集『While Leaves Are Falling...』はこちらからお求め頂けます。(表紙2種類)


WLF-sticker_omote.jpg 9784865410570.IN01s.jpg


今月発売となる新刊 露口啓二写真集『自然史』について、画家の横尾忠則さんが本日4月16日(日)付朝日新聞朝刊にて書評をお書き下さいました。

ご自身の肉体の変化と自然の在り様を重ねてお書きになられながら、「アイヌの他界観」、「原発事故の痕跡」、「森と水の国土の鎮魂の記憶」などに触れ、梅原猛氏の「草木国土悉皆成仏」、画家ジャクソン・ポロックのオールオーヴァー・ペインティングにまで繁茂し到達する評です。下記リンクよりお読み頂けます。


横尾さん02.jpg



また、こちら露口啓二写真集『自然史』は本日、小社HPとamazonにて、先行発売を開始致しました!
メールにてご注文を承り中ですので、下記事項をご記載の上、ぜひお求め下さいませ。
小社からの発送で、送料無料でお届け致します!


露口啓二写真集『自然史』

定価 : 5400円(税込)/ 上製本 / 128頁 / 230mm x 275mm  / 寄稿 : 四方幸子 倉石信乃




9784865410600.jpg


件名に『自然史 予約』
・氏名
・送付先ご住所
・お電話番号
・冊数
をご記載の上、info@akaaka.com までご連絡ください。

お支払いは代引となります。代引き手数料は無料です。


 



nature01.jpg


nature03.jpg


nature05.jpg



nature11.jpg


nature15.jpg


nature19.jpg


nature23.jpg


nature29.jpg


nature30.jpg


nature31.jpg



石狩川水系千歳川の支流であり、かつては、アイヌ文化形成の重要な経済的基盤でもあった「漁川上流域」。
日高山西部の流域にダムが建設されたことで出現した湖によって、先住民族アイヌの生活や儀式の場などが水没した二風谷や荷負などの「沙流川地域」。
石炭産業を中心に北海道の諸地域に形成された、夕張、三笠などの「空知炭鉱地帯」。
東日本大震災の被災地である陸前高田、気仙沼、女川、石巻、南相馬にわたる「長大な太平洋沿岸」と、福島第一原子力発電所の事故により放射性物質が飛散し堆積した「帰宅困難区域の内側」「境界線」「外側」。
そして古来より自然と庶民の格闘の場であり、忌部と呼ばれる集団にかかわるとされている文化が成立していた徳島の「吉野川流域」。

古来、近代文化の盛衰。その史にではなく、その痕跡に繁茂し史を覆う自然に、露口啓二は、静かに見る。

かつて大量に鮭が遡上し、アイヌと和人に共有されていたとも思われる漁川流域の狩猟儀礼の場シラッチセや、石炭産業の衰退の後、坑道を地中に残したまま地上に放置されたボタ山、生活の場。原子力発電所の事故により居住が認められなくなった場。
多様な事態が起こり、変容していくそれらの場所が「自然」に浸透されてゆく諸様態、諸様相は、私たちの目にはどう映り、写真にはどう写るのか。

作家が現在も活動する道内(近代化の資源ための開拓によってなされた地)のアイヌの森と水から始まり、
東日本大震災の記憶を経て、出生の地である徳島の吉野川流域までにいたる様々な場所で撮られた写真群の併置により、
空間の差異と同質性、あるいは等価性、そしてそこに潜む不可視性など、「自然史」と言うべき壮大なうつろいの気配の顕現を試みる一冊である。










NEW ! 2017年4月16日掲載  

毎日新聞 4/16(日)付 「今週の本棚」にて、作家の角田光代さんに、林典子『ヤズディの祈り』についての評「未来をおさめたポートレイト」をお書き頂きました。


「持ち出された写真を見たあとで、写真家の手による、生き残った家族や個人の写真を見返すと、写真というものの力を思い知らされる。悲しみは癒えず、衝撃は消えず、不安は去らずとも、ここにはまたあらたなかけがえのない瞬間があり、この先、写真に撮られた人があらたな自分たちの写真を見返す、未来のまなざしまでもが写真に写っているかのようだ。」


下記リンクより是非お読み下さい。


毎日新聞 2017年 4月16日(日)付  書評(角田光代 作家)掲載


0416角田さん.jpg   0416ヤズディ.jpg


....................................................................................................................................................................................


NEW ! 2017年4月11日放送  

4/11(火) 10:05頃~文化放送ラジオ「 くにまるジャパン極」に林典子さんがご出演され、『ヤズディの祈り』についてお話になりました。アナウンサーの鈴木純子さんが本書テキストの朗読もして下さいました。


◯ 文化放送ラジオ「くにまるジャパン極

.....................................................................................................................................................................................


NEW ! 2017年2月〜4月掲載  

写真批評家、キュレーターの竹内万里子さんによる『ヤズディの祈り』評が、共同通信社の配信により中國新聞、神奈川新聞など全国各紙に掲載されました。


 共同通信社 配信記事 掲載 

yazidi_kyodo.jpg


.....................................................................................................................................................................................


NEW ! 2017年3月25日掲載  

 芸術新潮4月号にて画家の諏訪敦さんが、林典子『ヤズディの祈り』の書評をお書き下さいました。「寄り添う視座が記録したもの、伝えるもの」。読み返す度に深さに揺さぶられ、制作時の立ち尽くしてしまう時間や逡巡が蘇りもするような、素晴らしい評です。写真と観察、言葉、距離。ぜひ紙面にてお読み下さい。


◯ 芸術新潮 2017年 4月号 書評(諏訪敦 画家)

yazidi_s.jpg


.....................................................................................................................................................................................


 2017年3月05日掲載  

朝日新聞 3/5(日)付 読書面にて、林典子『ヤズディの祈り』の書評をご掲載頂きました。

「見えない相手を想像し認識していくプロセスが、考え抜いて構成された書物の中で体験できることが何より尊く、大切」

作家の大竹昭子さんによる評です。下記リンクより是非お読み下さい。


◯ 朝日新聞 2017年 3月5日(日)付 読書面 書評(大竹昭子 作家)


C6IPj83VUAA_LK-.jpg


.....................................................................................................................................................................................


2017年2月28日掲載  

朝日新聞グローブに『ヤズディの祈り』に関する林典子さんのインタビュー記事が掲載されています。昨年12月、人権や民主主義を守る活動を讃える「サハロフ賞」を欧州議会から受け取ったナディアとの2ショットも。下記リンクより是非お読み下さい。


朝日新聞グローブ 掲載


.....................................................................................................................................................................................


2017年2月22日掲載!  

Newsweek最新号(2017.2.28号)にて、林典子さんの記事が6ページにわたり掲載されています。全国書店および、小社ホームページからお求め頂ける『ヤズディの祈り』と併せて、是非お読み下さい。


◯ Newsweek(2017.2.28号)掲載


C5VGDXVUkAEztxI.jpg


.....................................................................................................................................................................................


2017年2月16日掲載!  
産經新聞文化面 2017年2月16日(木)付に、『ヤズディの祈り』の紹介記事が掲載されました。
林典子さんがインタビューにも答えています。つなぐ大切なもの。
下記リンクからもお読み頂けますので、ぜひご覧ください。


産経0220.jpg


.....................................................................................................................................................................................


2017年2月10日掲載!
『ヤズディの祈り』を刊行された林典子さんの東洋経済オンラインの連載記事第3回「ISに追われ世界に散る「ヤズディ教徒」の行方」が掲載されました。
先の米国の大統領令により入国できなくなった人々の中に、林さんが取材でお世話になったヤズディの弟の奥さんもいたといいます。
報道されなくなっても、ヤズディたちの人生は続く、その一人一人についてのこと。下記リンクよりぜひお読みください。


.....................................................................................................................................................................................


2017年2月07日掲載!
The Japan Timesに、林典子『ヤズディの祈り』についての記事が掲載されました。下記オンラインでもお読み頂けます。ぜひお読み下さい。


16729069_1272046192882750_5297476048527203565_n.jpg

.....................................................................................................................................................................................


2017年1月29日放送! 

 NHK『マイあさラジオ』「著書に聞きたい本のツボ」のコーナーに林典子さんが、ご出演されました。
「ヤズディの未来を考えた時、未来について考えるためには、ヤズディの過去の暮らしを知らなくてはと気づいた。」
下記よりお聞き頂けます。是非、ご視聴下さい。


.....................................................................................................................................................................................


2017年1月25日掲載! 

写真評論、文芸書評のタカザワケンジさんがご自身の「Scanners Photo Info.Tokyo」1/25の記事にて林典子『ヤズディの祈り』についてお書きくださいました。

「ヤズディという人たちは遠い世界に住む無関係の人ではなく、同じ時代を生きる、私たちの別の肖像でもあることに思い至った。」

下記リンクよりぜひお読みください。


.....................................................................................................................................................................................

2017年1月20日掲載! 
現在発売中のアサヒカメラ2017年2月号にて、林典子『ヤズディの祈り』の紹介&インタビューが見開きで掲載されております。林さんのポートレートも。
記事タイトルは「故郷を奪われた人々の想いを追いかけて」です。
写真集とあわせて、ぜひ書店で手にお取りください。


◯ アサヒカメラ2017年2月号

asahi01.jpg


.....................................................................................................................................................................................


2017年1月15日掲載 !  
写真評論家の飯沢耕太郎さんがartscape 2017年01月15日号にて、林典子『ヤズディの祈り』のレビューをお書きくださいました。

「フォト・ジャーナリストとしての初心を貫こうとしている」

また、写真の選択と配置に注がれた細やかな配慮と、写ってくださったヤズディの人々の証言のパートに触れながら、

「『私の視点から見たヤズディの人々の体験の記録』が、厚みのある記憶の集積として見事に再構成された」
「松本久木の手触り感にこだわった装丁・デザインも素晴らしい出来栄えである」
とご評価を頂きました。下記リンクよりぜひお読みください。



.....................................................................................................................................................................................


2016年12月27日掲載 !  
『ヤズディの祈り』を刊行された林典子さんの記事が掲載されました。下記リンクよりぜひお読みください。





.....................................................................................................................................................................................

2016年12月21日掲載 !   
ひとりひとりの声と存在からなる本書に、写真と声が掲載されているナディア・ムラドさんが、人権や民主主義を守る活動をたたえて欧州連合(EU)の欧州議会から贈られる「サハロフ 賞」を受賞されました。
その関連動画と関連記事をまとめてご紹介させて頂きます。










.....................................................................................................................................................................................


林典子 著『ヤズディの祈り』、書店さま、amazon、小社サイトから、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。
(本書についての取材、ご感想もお待ちしております。info(a)akaaka.com ※(a)を@にご変換ください。)


IMG_8617.JPG
                                         
nadia.jpgのサムネール画像
  


林典子写真集『ヤズディの祈り』こちらからお求め頂けます。

Yazidi-jacket_web.jpg



現在発売中の「日本カメラ2017年2月号」にて、新刊 増田貴大写真集『NOZOMI』が掲載されております。

新幹線のぞみ時速250キロの車窓から撮られた作品は、ポール・フスコの 『RFK Funeral Train』(ロバート・ケネディの遺体を運ぶ列車の中から沿道の人々を撮影した写真集とも異なるスピードで、現代日本の断面図を表出しています。

仕事の関係で毎日大阪と広島を2往復、時間にして1日6時間新幹線に乗っているという増田貴大さん。

1ヶ月の間に捉える人の数が約800人(!)というその量と質から、都築響一さんの「ロードサイダーズ・ウィークリー235号」でも紹介された作品です。

車窓から写された人の輝きは、風景の中で、一瞬のようであり、永遠のようでもあります。

小社HP、書店、amazonからもお求め頂けるようになりましたので、ぜひお手にお取りくださいませ!


n1.JPG

n0.JPG


増田貴大写真集『NOZOMI』こちらからお求め頂けます。

3000円+税|182 × 257mm|112ページ
第14回ビジュアルアーツ・フォトアワード受賞作品





写真集『あおあお』と、キヤノンギャラリー札幌での写真展「あおあお」が大好評な
藤代冥砂さんのインタビューが『アサヒカメラ』2016年8月号と『SWITCH』2016年8月号にそれぞれ掲載されました。

『SWITCH』には「考えすぎだよ」というタイトルの藤代さんのエッセイも掲載されています。

ぜひお手に取ってご一読ください。


DSC_0282.JPG

DSC_0281.JPG


どちらも『あおあお』所収の色と光にあふれた写真が複数掲載されています。



1234567891011