山内悠 夜明け【特別版】

夜明け_特別版_cover_s2.jpg


 山内悠 夜明け【特別版】
    space01.jpg
  Book Design:近藤一弥 
  
  発行:PURPLE
  発売:赤々舎  

  Size: H420mm × W295mm
  Page:34 pages
  Binding:half fold without glue and stitching

  Published in July 2022
  ISBN
978-4-86541-155-3
 


¥ 3,800+tax 

国内送料無料!
【国内/Domestic Shipping】 

お支払い方法は、銀行振込、郵便振替、
クレジットカード支払い、PayPal、PayPay よりお選び頂けます。

【海外/International Shipping】
Please choose your area from the two below
      





About Book


初版から12年、新装版から10年─
宇宙と地球の狭間に広がる光景をまえに、私たち自身の存在を、その生命体としての在り方を、より大きく体感し、開く特別版。



地球と宇宙の境界線、雲平線(うんぺいせん)の彼方に日が昇り、訪れる「夜明け」。
地上3000メートルの高さにある富士山七合目の山小屋で600日間、山内悠は「夜明け」を追い求めた。
地球と宇宙の境界線、雲平線の彼方に日が昇り、色づく雲海。躍動する雲。それはあたかも地球という惑星の細胞に命が吹き込まれ、呼吸する姿そのもの。神秘的で美しい光景の数々は、まさに一期一会。人の生死、私たちの頭上には、常にこうした光景が存在しているのです。
宇宙と地球の狭間に広がる光景をまえに、私たち自身の存在を、その生命体としての在り方を体感する写真集。
特別版は、A3サイズと大きく、かつ開きやすくなりました。宇宙の絵本のような広がりが感じられます。





"これは雲の上の夜明けを撮影した作品になります。
標高3000メートルにある富士山の山小屋に600日間滞在して撮影を行いました。全て同じ場所から撮影し、その定点で変容し続ける地球の様子を追いかけました。
雲の上。
僕たちが生活する頭上に確かに存在する世界。
そこは地球と宇宙の狭間であり、無限の宇宙空間とその中にある地球という惑星を心身で感じることができる。雲は地球を覆う膜のように思え、常に刻々とその姿を変えて行く。そして、その彼方にある雲平線より日が昇り夜明けが訪れる。ブルーで一色だった空間が 一瞬にして全く違う世界になる。僕はこの魔法のような瞬間を幾度と体験した。雲平線より昇り出した真っ赤な太陽はみるみるうちに輝きを増し、眩しい光へと変わる。光が照らしはじめた瞬間、すべてが動きはじめる。空気は暖かくなり、風向きは変わる。雲も色を変え続け、その下からは鳥達の騒ぎ立てる鳴き声が微かに届く。そこにいる僕はまぎれもなく高揚している。空間が一体となって目覚める。この瞬間、僕は光とは何であるのかと考える。
それは愛というエネルギーの現れなのかもしれない。
すべては人間の生死、地球の周回をも越えた宇宙の呼吸である。僕たちはこの呼吸のリズムの中に確実に存在している。社会がどれだけ複雑になろうとも、どれだけ時代が目まぐるしく変化しようとも、この永遠に繰り返すこのリズムを創る未知なる大きな世界にただ存在している。そのように全てを捉えると僕たちもまた未知なる大きな存在であるという事に気が付く。
今、ここに在るということ。 それを改めて感じ、考えていただければ嬉しく思います。"

「夜明け」に寄せて 山内悠



DAWN【Special Edition】 

Yu YAMAUCHI


To create "DAWN", Yu Yamauchi lived on the summit of Mt. Fuji for almost five months straight--four years in a row. During this time, almost 600days, Yamauchi photographed the sunrise ("DAWN") from this point nearly 3000m above sea level. The results of this effort are often spectacular: at times the photographs almost seem to show an alien world, full of brilliant yellows, searing oranges, and radiant blues. But this book is not just about showing a beautiful scenery which is far removed from our daily lives. By reaching a point as far away from the earth--and as close to outer space--as possible, Yamauchi asks the viewer to consider their own existence.

This special edition, published 12 years after the first edition and 10 years after the new edition, is now larger (H420 mm x W295 mm) . It gives us the impression of an expansive picture book of the universe.




"I lived in a hut near the summit of Mt. Fuji, the highest mountain in Japan,

for five months straight, four years in a row,

for a total of 600 days. Each morning,

I photographed the dawn from the same spot, chasing the ever-changing

drama that unfolded before my eyes.

Ten thousand feet above sea level, this place is literally above the clouds,

far from the ground where most of us live our daily lives.

It is also the threshold between Earth and outer space.

Being there reminds me of the simple fact that

we live on a planet within an infinite universe.

Constantly shifting,

the clouds look like a membrane encapsulating the Earth.

When the Sun rises behind a cloud-forming horizon,

the world that was painted in blue just a moment before

suddenly looks completely different.

I witnessed this magical transformation many times.

Intensely red and increasingly bright, the Sun soon radiates dazzling lights.

Everything starts to move where its rays reach:

The air warms, the wind shifts, the clouds transform and the songs of birds

are vaguely heard underneath.

Tam dearlv awakened and so is the space around me.

At such a moment I wonder,

What is light? Is it an energy manifested by love?

Perhaps it is all about a breath of the universe, far beyond our

life and death- or even the rotation of the Earth.

No matter how complicated society gets or how fast times change,

we are a part of a vast unknown terrain that creates this rhythm.

Thinking this way, it seems to me that our existence itself is also

a vast unknown terrain

For me, this work offers a simple reminder:

We are resent in the here and now."


Yu YAMAUCHI





Related Exhibiton



山内悠「夜明け、残像」展 


会期:2022年8月27日(土)9月11日(日)

時間13:0020:00(平日)、11:0019:00(土日)

休廊:水曜日

会場:PURPLE 京都市中京区式阿弥町122-1 式阿弥町ビル 3F





slidekey_yamauchi.jpg





Artist Information


山内悠 

1977年、兵庫県生まれ。

長野県を拠点に国内外で作品を発表。独学で写真をはじめ、スタジオフォボスにてアシスタントを経て、富士山七合目にある山小屋に600日間滞在し制作した作品『夜明け』(赤々舎)を2010年に発表。2014年には、山小屋で暮らし主人に焦点をあて、山小屋での日々を著した書籍『雲の上に住む人』(静山社)を刊行。2020年、モンゴルで5年をかけて撮影した写真を収録した『惑星』(青幻舎)を発表する。

 

-受賞-

color imaging contest 2006 特選受賞

第31回写真新世紀 佳作(野口里佳選出)

International Photography Award 2009 Fine Art部門 Honorablemention受賞。

 

-作品収蔵-

清里フォトアートミュージアム




Yu Yamauchi


1977 born in Japan.

Start taking a photograph on your own since 14 yaers old.

2010, Autumn   "DAWN" was released.(From AKAAKA)

2014, Summer  "A man Living above the clouds" was released.(From Seizansya)

2020, Summer  "PLANET" was released.(From SEIGENSHA)

 

-AWARDS-

New Cosmos Of Photography 2008/ Honorable Mention

color imaging contest 2006 / Special Award



-PUBLIC COLLECTION-

Kiyosato Museum of Photographic Arts (2011)



-SOLO EXHIBITION-

2022
DAWN-PHOTOGENE(PURPLE  KYOTO)
PHOTOGENE(OGU MAG  TOKYO)
PHOTOGENE(YOHAKU  NAGANO)

2021
PLANET(CELLA MASUMI  NAGANO)
PLANET(TAGASTA FUKUOKA)
PLANET(Museum of Photography NaraCity )

2020
PLANET(Moerenuma park Sapporo,HOKKAIDO)
DAWN (MIYAKO YOSHINAGA  NYC ,USA. 2012 ), DAWN(Spiral Garden Aoyama, TOKYO. 2012 )

and more solo exhibitions...


-GROUP EXHIBITION-

2022
「JUST VISITING THIS PLANET」(MIYAKO YOSHINAGA NYC ,USA.)

2020
Revela't 2020 ( Spain Barcelona)

and more Group exhibitions..




Related Items



out of stock