okinawan portraits 2010-2012

bk-ishikawa-op-02.jpg
okinawan portraits 2010-2012
石川竜一 写真集
4,500円+税|245×255mm|180ページ|上製本
アートディレクション:町口景
okinawan portraits 2010-2012
Photographs by Ryuichi Ishikawa
4,500 JPY|245×255mm|180page|hardcover
Art Direction: Hikari Machiguchi
ISBN: 978-4-86541-026-6
Published in November 2014.


※本書は版元品切れのため、購入をご希望の方は
ジュンク堂書店那覇店等の書店へ直接在庫をお問い合わせください。

About Book 



「一瞬、オレは石川竜一に嫉妬した」
――森山大道




沖縄の島をバイクで駆け巡り、「めっちゃいいから撮らせて~」「それ、おもしろいでしょ!」と、出会った人約3000人を撮影した。
いま目の前にこの人がいるという状況と、この人を知りたいという思い。社会的な状況と人とは切り離せないという考えから、背景を画面に取り込もうとする。その人の本質やある一面を撮ろうとするのではなく、"今この瞬間のすべて"であり、目を通してその人を受け入れようとするポートレートだ。
沖縄で撮られた、沖縄の、沖縄人によるポートレートは、「私がこうです」と開かれた、生命の波が寄せてくる。そして、私たちそれぞれの中に、それらすべての人がいる。


okinawan portraits 2010-2012


まずはじめに、僕の前に立ち、生きることの素晴らしさ、一瞬の煌めきのような儚さ、全てを振り解くほどの命の力、沢山のことを未熟な僕に教えてくれた人々に心から感謝の気持ちを伝えたい。

僕らは、いつもどこかですれちがい、記憶の奥で埋もれてしまうほどの小さな残像となっていく。
ある人は借りた映画を返しにいくところで、
ある人は親の用事に付き合わされていて、
ある人はペットの散歩をしていて、
ある人は雨でずぶ濡れになっていて、
ある人は毎日決まった時間に決まった場所に行く習慣があり、
ある人はただそこで休んでいた。
仲間と戯れ、家の手伝いをし、塾や習い事に通い、恋人とデートをして、働き、ご飯の帰りで、買い物に行き、怪我や災難に遭い、酔っぱらい、ハメを外して、悩み、喜び、孤独に打ちひしがれて。
ある人は好きな人の話をしてくれて、
ある人は親への不満を打ち明けてくれて、
ある人は宗教の勧誘をしてきて、
ある人は戦争体験を話してくれて、
ある人は夢のような話を聞かせてくれた。
ある人は子どもで、ある人は大人で、ある人は男で、ある人は女で、ある人はどちらでもあった。
何もかもが不思議で、何もかもが当り前で、一人一人のなかにみんながいて、それぞれの命を強かに生きている。一瞬のうちに寄せては返していく波。そこに立った時、僕はただ、震えながらシャッターを切ることしかできない。

写真には自分の意識を超えたものまで写ってしまう。それを知っているにもかかわらず、写真について語り、思いを巡らせていくなかで、それがもともと自分のもっているもののような、高尚な気分に浸ってしまう。しかし、それは全部後付けに過ぎず、本当はただ、その人と、その場所で、その時にしかない、写真との出会い。それだけだ。
そんななかで写真はいつも話しかけてきてくれる。「お前が探しているのはこれじゃないのか」と。しかし、それも断定はできないのだ。多分、永遠に。


2014年10月

石川竜一
(あとがきより)





okinawan portraits 2010-2012


Ryuichi Ishikawa

First, I would like to express my deepest gratitude to all of those who stood before me and taught immature me about the splendor of living, the seemingly momentary sparkle of evanescence, the power of life with its ability to disentangle everything, and so many other things.

We become afterimages that are constantly passing each other somewhere and small enough to be buried in our memories.

One person is returning a movie they've rented,
one is accompanying their parents on an errand,
one is walking their pet,
one was drenched in the rain,
one has a habit of going to the same place at the same time every day,
and one is just sitting there resting.

There are people who are enjoying something with friends, helping with the housework, going to cram school or some other kind of class, out on a date with their lover, working, shopping on the way home from dinner, suffering from an injury or accident, drunk, going wild, worrying, rejoicing, and distraught with loneliness.

One person talks about someone they like,
one expresses their dissatisfaction with their parents,
one is canvassing for a religious,
one is taking about their experiences in the war,
and one is telling a story that seems like a dream.

One person is a child, one is an adult, one is a man, one is a woman, and one could be either.

Everything is fantastic, everything is ordinary, everyone is inside each person, and they are living each life heartily. Within in an instant, a wave approaches and returns. When I'm standing there, all I can do is click the shutter as I tremble.

Something beyond my own will is captured in a photograph. Although I know that, as I talk and think about photography I am immersed in a lofty sensation, as if this was something that was always mine. But all of this is just an afterthought. It was really only an encounter with a photograph that could have involved that person in that place at that time. That's all.

Photographs always start talking to me in these situations, "Isn't this what you're looking for?" But I can't really say for sure - and probably never will be able to.

(from the postscript)



Book Previews

SimpleViewer requires JavaScript and the Flash Player. Get Flash

Artist Information

石川竜一|Ryuichi Ishikawa

1984年 沖縄県生まれ
2006年 沖縄国際大学科社会文化学科卒、大学在学中に写真と出会う
2008年 前衛舞踊家 しば正龍に師事
2010年 写真家 勇崎哲史に師事
写真展「脳みそポートレイト」、沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー1,2
写真集『SHIBA 踊る惑星』自費出版
写真展「瞑」、ギャラリーoMac( 写真、コンテンポラリーダンス)
2011年 写真展「FRAGMENTS2」に参加、沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー
東松照明デジタル写真ワークショップに3期生として参加
同ワークショップ終了写真展に参加、沖縄タイムスビル
「Open Okinawa 沖縄幕開け!展」、space tropical(写真、コンテンポラリーダンス)
2012年 「沖縄本土復帰40周年写真展 OKINAWA 0 POINT」に参加
『okinawan portraits』で第35回キヤノン写真新世紀佳作受賞
2013年 写真展「FRAGMENTS3」参加、沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー(写真、コンテンポラリーダンス)
写真集『しば正龍 女形の魅力』自費出版
しば正龍独演会にコンテンポラリーダンスでソロ出演
2014年 森山大道ポートフォリオレビュー展出品、 沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー
写真展「RYUICHI ISHIKAWA」、gallery ラファイエット
自主制作写真集『RYUICHI ISHIKAWA』
写真展「show case #3」に出品、eN arts
写真集『okinawan portraits 2010-2012』、『絶景のポリフォニー』を赤々舎より刊行
写真展「zkop」、アツコバルー
写真展「 okinawan portraits 2010-2012」、PLACE M
写真展「絶景のポリフォニー」、銀座ニコンサロン

1984 Born in Okinawa Prefecture.
2006 Begins photography. Graduates from Okinawa International University.
2008 Studies avant-garde dance with Seiryu Shiba.
2010 Studies photography with Tetsushi Yuzaki.
Holds the Brain Portraits exhibition at Okinawa Prefectural Museum & Art Museum.
Self-publishes a photo book titled Shiba Dancing Planet. Holds the exhibition Mei at Gallery oMac.
2011 Participates in the group show Fragments 2 at Okinawa Prefectural Museum & Art Museum.
Takes part in 3rd Shomei Tomatsu Digital Photography Workshop.
Participates in the group show Open Okinawa at Space Tropical.
2012 Participates in the group show Okinawa 0 Point:
Exhibition Marking 40th Anniversary of Okinawa's Return to Japan.
Receives award in the 35th New Cosmos of Photography competition.
2013 Participates in the group show Fragments 3 at Okinawa Prefectural Museum & Art Museum.
Self-publishes a photo book titled Seiryu Shiba: Allure of the Female-Role Player. Dances in Shiba's solo recital.
2014 Participates in the group show Daido Moriyama Portfolio Review at Okinawa Prefectural Museum & Art Museum.
Self-publishes a photo book titled Ryuichi Ishikawa.
Holds the exhibition Ryuichi Ishikawa at Gallery Lafayette.
Participates in the group show show case #3 at eN arts.
Ishikawa's books okinawan portraits 2010-2012 and A Grand Polyphony
are published by AKAAKA Art Publishing.
Holds the zkop exhibition at ATSUKOBAROUH,
okinawan portraits 2010-2012 exhibition at Place M,
and A Grand Polyphony exhibition at Nikon Salon.