While Leaves Are Falling...

bk-while_leaves-02.jpg
While Leaves Are Falling...
金山貴宏写真集
4000円+税|310 × 220mm|上製本|130ページ
デザイン:松本久木
While Leaves Are Falling...
Works of Takahiro Kaneyama
4,000JPY|310 × 220mm|Hardcover
Book Design:Hisaki Matsumoto
ISBN:978-4-86541-057-0
Published in January 2017.


※本書は表紙2種です。(表紙A..ひとり 表紙B..3人)中は同じです。
どちらかお選びいただけます。記載がない場合は小社でお選びいたします。 


amazon_cart.gif

About Book 


美しくも複雑で、琴線に触れる写真集
ひとたび見れば、心に深く刻み込まれる。


───── シャーロット・コットン(インディペンデント・キュレーター / ライター)



その日は突然やって来た。その日以降、作家が知るそれまでの母は、記憶の中に永遠に閉じ込められることになる。

写真家金山貴宏は、離婚した母、祖母、 2人のおばの4人の女性に育てられた。金山が20歳になってまもなく、その母は統合失調症(精神分裂病)と診断される。1999年春、4人の女性の長である祖母が亡くなった。祖母の死後、それまで撮影することがなかった家族の写真を、金山貴宏は撮り始める。それらの写真のほとんどは、アメリカから日本に里帰りするたびに母と2人のおば、犬のケリーと共に旅行した際に撮られたものだ。旅行先はほぼ毎年同じで、祖母を含む家族全員で唯一来たことがある箱根や日光、福島、京都など、母とおばが若い頃から行きたかった場所が多い。

「母」と「記憶」の存在をめぐる旅──、
「老い」と「時間」をめぐる旅──、
そしてかけがえのない家族旅行──。

「これらの写真は、過去と現在の時間の往還を実現させてくれる大切な乗り物であると同時に、過去と変わりゆく現実に向き合うための試みでもある。」(金山貴宏)
そう作家が語るように、写真という乗り物もまた過去や現在の時間を往還しながら旅をする。

家族旅行の途で撮影された金山の写真が、美しく、複雑に、記憶と時間と関係性の旅を続ける先に、母は狂おしく存在する。

テキスト寄稿  
「Memory Mapping」Eric Shiner(Senior Vice President,Contemporary Art,Sotheby's)  
「記憶をたどる」エリック・シャイナー(サザビーズ コンテンポラリー・アート部門 シニア・バイスプレジデント)

・ PHOTO BOOKSTORE MAGAZINE「PHOTOBOOKS OF 2016: AWOISKA VAN DER MOLEN」選出作品
・日本カメラ12月号「2016年の写真集・写真展ベスト5」選出作品

年老いていく親や家族を見てると、このまま年を取るのが怖いと思うときがある。
生きていると自分がコントロールできないことにいくつも遭遇する。 時間は無関心を装い、スピードを緩めることなく過ぎ去っていく。
それでも僕らは生きていく。
この本は、私の家族である3人の女性を16年に渡って記録した、彼女達が生きてきた証です。 金山貴宏


I was raised by four women: my mother, my grandmother, and two aunts who never married. My mother was diagnosed with schizophrenia when I was a teenager. She became a totally different person overnight; it almost seemed as if the history of her life had been erased. I could no longer have a decent conversation with her. The only way to prove who she had been was with photographs from before she became ill. She has been going back and forth between home and the hospital ever since her diagnosis.

When I was 28, my grandmother died. She was the boss among the four women who raised me and had really played the role of a mother to me because of my mother's illness. Losing her was like losing my own mother. The loss of a family member made me acutely aware of how much time had passed without my really noticing. I never thought my family would grow older; it seemed to exist in a timeless place. Before my grandmother died, I rarely took pictures of my family. Afterwards I started photographing them every time I went back to Japan to visit. The best days for us became those when my mother, her two sisters, and I went on short trips around Japan.  

My mother being diagnosed with schizophrenia was life-changing for both my mother and our family. Having seen it happen to her right before our eyes, we then lived our lives with the feeling that anything could happen to anyone at any time. At a time when the general public is still reluctant to talk about mental illnesses such as schizophrenia, it is difficult to get social support and understanding. It is even harder to get people interested in learning more about schizophrenia. For that reason, I decided to record the time and space that my family and I shared, exploring the universal themes of family, aging, and time's passage. My family and I are also trying to make up for memories we never had. For me, these photographs are a vehicle that enables me to travel back and forth between the past and the present. The photographs help me to accept the changes that have taken place and those that are yet to come.  


Book Previews

SimpleViewer requires JavaScript and the Flash Player. Get Flash

Artist Information

金山貴宏 | takahiro kaneyama

1971年東京都生まれ。93年に映画制作を学ぶためにアメリカへ留学。97年ニューヨーク市立大学学士課程 (写真科)を修了する。
2001年School of Visual Arts大学院(ニューヨーク)写真科修士課程修了後、03年国際写真センター(ICP)のドキュメンタリー写真科に籍を置く。
写真展に、07年Japan Society「Making a Home: Japanese Contemporary Artists in New York」(ニューヨーク)、09年「SHUMAFURA」(Miyako Yoshinagaギャラリー/ ニューヨーク)、2012年『Shades of The Departed』(同ギャラリー)がある。
受賞歴に、2013年東京インターナショナル・フォトグラフィ・コンペティション審査員賞。
16年NYFA (New York Foundation For The Arts)の写真部門のフェローシップを獲得、同年Light Work Artist-In-Residence(ニューヨーク州シラキュース)に参加。
2017年6月Miyako Yoshinagaギャラリー(ニューヨーク)で個展「While Leaves Are Falling...」を開催予定。