構成 - TORANOMON TOWERS

bk-ueda-composition-02.jpg
構成 - TORANOMON TOWERS
上田義彦写真集
8,000円+税 | 362 × 217 mm | 120頁 | 並製本 | ケース入
アートディレクション : 葛西 薫
COMPOSITION - TORANOMON TOWERS
Photographs by Yoshihiko Ueda
8,000JPY | 362 × 217 mm | 120 page | softcover with slipcase
Art Director : Kaoru Kasai
ISBN : 978-4-903545-15-8
Published in July 2007




About Book

TORANOMON TOWERSのミニマルを極めた美しさを、上田義彦が撮り下ろす。
従来の建築写真の枠を超えて、COMPOSITION(構成)の真髄に迫る。
同時に1冊の書籍の内的なCOMPOSITIONとして、 <建築>・<写真>・<デザイン>が織りなす、シンプルで豊かな関係性がある。

虎ノ門タワーズ
所在地 : 東京都港区虎ノ門4丁目
敷地面積 : 10,511平方メートル 建築面積   3.933平方メートル
延床面積 : 98,505平方メートル
階数 / 構造
オフィス : 地下3階 地上23階 / S造
レジデンス : 地下2階 地上41階 / RC造
最高高
オフィス : 112.40メートル
レジデンス : 153.47メートル
竣工 : 2006年8月
事業主 : 鹿島 開発事業本部
設計 : KAJIMA DESIGN
施工 : 鹿島 東京建築支店

Book Previews

SimpleViewer requires JavaScript and the Flash Player. Get Flash

Artist Information

上田義彦|Yoshihiko Ueda  >HP

1957年兵庫県に生まれ
衝撃的な写真との出会いは、ビジュアルアーツ(大阪校)に入学し、教師であり写真家でもある黒沼康一、百々俊二、中川貴司、村上哲一氏らに独特の写真哲学を叩き込まれた事により開眼した。その後1980年に福田匡伸氏、1981年には有田泰而氏の助手を勤め、彼らの影響も深く受けた。1982年に独立し、以後、ファッション写真から始まり、広告写真、コマーシャルフィルムの撮影や演出を行いながら、並行して、数多くの写真作品を撮り続けている。写真にまつわる全てのこと、撮影はもとより、暗室においての作業が特に好きで、その時間を大切にしている。撮影したフィルムは自ら現像し、プリントも同様に自らが必ず行う。現在2010年までに出版した写真集は21冊あり、2011年には3冊の新たな写真集の刊行を予定している。代表作品として、アメリカインディアンの聖なる森を捉えた『QUINAULT』をはじめ、舞踏家・天児牛大を撮影した『AMAGATSU』、自身の家族を写した『at Home』、ミャンマーの僧院を撮影した「YUME」、『ポルトレ』『FRANK LLOYD WRIGHT』などがある。 また広告写真の仕事では、サントリー「ウーロン茶」 「伊右衛門」「BOSS」、資生堂企業広告、無印良品のCF・グラフィックシリーズなどを手掛け、東京ADC賞最高賞、ニューヨークADC賞、カンヌグラフィック銀賞、朝日広告賞など国内外の数多くの賞を受賞している。 2008年よりParisPhoto等の国際アートフェアに出展、また2010年にはG/P Gallery (東京)、Michael Hoppen Gallery(ロンドン、UK)、 TAI gallery (サンタ・フェ、USA) で「QUINAULT」の個展を開催した。また作品は「Kemper Museum of Contemporary Art 」(USA)、「Hermes International」(FRA)、「Stichting Art & Theatre, Amsterdam」(NLD)などに収蔵されている。



Born 1957 in Hyogo, west central Japan. Ueda's first head-on encounter with photography was at Visual Arts College Osaka, where active photographer-instructors Koichi Kuronuma, Junji Dodo, Takashi Nakagawa and Tetsukazu Murakami awakened him to diverse original approaches to image-making. After graduation, he worked as photographer's assistant, first under Masanobu Fukuda in 1980, then with Taiji Arita in 1981, both of whom likewise imparted marked influences. Since going independent in 1982, Ueda has worked in fashion photography, advertising stills and commercial film production, building an impressive portfolio of professional commissions and projects. While interested in all aspects of photography, Ueda is particularly fond of darkroom work and always devotes special attention to developing and printing his own images. As of 2010, he has published 21 collections of photographs and plans to release three new collections in 2011. Among his most noted photobooks are Quinault (1993), a brooding meditation on a sacred Indian forest in the American Northwest; Amagatsu (1994), a backstage document of Sankaijuku dancer-choreographer Ushio Amagatsu; the intimate family album At Home (2006); Yume (2010), timeless images from a Buddhist monastery in Mandalay; Portrait (2003); and Frank Lloyd Wright (2003). In advertising, Ueda has done work for such sponsors as Suntory, Shiseido and Muji, and received numerous awards including the Tokyo Art Directors Club Grand Prix, the New York Art Directors Club Photography Award, the Cannes Lions International Advertising Festival Silver Prize for Graphic Design and the Asahi Advertising Award. Since 2008, he has exhibited at Paris Photo and other art fairs, and in 2010 also held solo shows of his Quinault images at the G/P Gallery, Tokyo, the Michael Hoppen Gallery, London and TAI Gallery, Santa Fe, New Mexico. His works are in the collections of the Kemper Museum of Contemporary Art, Kansas City, Permanent Public Art Collection of New Mexico Arts, Santa Fe, Hermes International, Paris and the Stichting Art & Theatre, Amsterdam.