田川基成『見果てぬ海』


MTU_001s.jpg 
    

 田川基成『見果てぬ海』
    space01.jpg
  一般発売日:2020年11月22日

  Book Design:須山悠里 
  発行:赤々舎

  Size: 237mm × 270mm
  Page:180 pages + 撮影ノート 12 pages
  Binding:Hardcover

  Published in Nov 2020
  ISBN
978-4-86541-125-6



¥ 4,500+tax 

国内送料無料!

  【国内/Domestic Shipping】

お支払い方法は、銀行振込、郵便振替、
クレジットカード支払い、PayPal、PayPay よりお選び頂けます。

  【海外/International Shipping】
Please choose your area from the two below
      


 


About Book


海の向こう側から、はじめて自分が育った島を見た。 故郷・長崎の海を巡る旅 写真家・田川基成が自身の故郷である長崎の海を旅して撮影した写真集。


数々の島と海辺を巡り、中判フィルムに収められた81点の風景やポートレート。 
海に生きる人々や、カトリック、かくれキリシタン、仏教、神道など土地に息づいた信仰。その営みや自然風景、故郷の島での生活を、船に乗り海を旅する視点を通し、アメリカン・ロードトリップの手法で一冊の写真集にまとめた。

かつてそこに存在した死者や、先祖たちの意思、土地の記憶。
15歳で故郷の島を離れてから、旅を続けてきた田川が、過去を振り返りながら目の前の海を見渡すとき、写真はその海に漂い土地に刻まれた記憶を呼び覚ます。

長崎の海や自身の人生について綴った「後記」と、被写体のインタビューやエッセイを別冊子にまとめた「撮影ノート」、計約1万9000文字の文章も収録。それぞれのページの写真とキャプションの関係性も含め、時間を読むような写真集。英訳付き。




"人生の半分を育った島から離れて暮らした。ちょうど三十歳を過ぎた頃だったろうか。 ふと故郷の海のことをもっと知りたくなった。 

私は長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の沖合に浮かぶ小さな島で育った。あたりの海域はリアス式の複雑に入り組んだ地形で、日本の中でもっとも離島が多い。そこは有人島が70あまり、無人島も含めると約600もの島々が点在する多島海だ。島の西の沖には、遠く五島列島が連なっている。幼い頃からその海の向こうを見続けてきた。 

島々は大陸に近く、古くから様々な人間や文化、宗教が海を越えて交わってきた。仏教は中国からもたらされ、神社も各地に存在する。大航海時代には、ポルトガル人やスペイン人がこの地にキリスト教を伝えた。そして、弾圧を生き延びたかくれキリシタンたち。この海では今もそうした信仰が混在し、共生する。人々は信じるものにかかわらず、同じその海で魚や鯨を獲り、急峻な土地を耕してきた。その営みの積層の上に、今の私たちは在る。 私は大人になったある日、はじめて目の前に広がる海を旅してみようと思った。" 
(田川基成) 




Across the Sea 

Motonari Tagawa


I left the island where I spent the first half of my life to live elsewhere. And then--I think it was just after I turned thirty--I decided one day that I wanted to know more about that ocean from my childhood.

The island where I grew up, Matsushima, is just off the coast of the Nishisonogi Peninsula in Nagasaki Prefecture. The region has gnarled ria coastlines, and more islands than anywhere else in Japan. Just over 70 of the islands are inhabited, but if you include the uninhabited ones there are some 600 islands dotting that sea. Sitting on a park bench on the west coast of Matsushima, you can look across at the Goto Islands in the distance. I've been staring at that sea since I was little.

Those islands are relatively close to the Chinese mainland, and since ancient times various peoples, cultures, and religions have arrived from across the sea. Buddhism came from China, but there are also Shinto shrines dotted here and there. During the Age of Discovery, the Portuguese and Spanish brought Christianity. And then came the Hidden Christians, who weathered oppression generation after generation. Even now those same faiths are still blended here, still co-exist around this ocean. The people, regardless of their beliefs, all practiced fishing or whaling in this same sea and cultivated those same steep terrain. Our lives here now rest on the backs of their toils. One day, after I became an adult, I decided for the first time to venture across that ocean spread out in front of me.

One windy winter morning, I set out on the ferry, and after changing boats several times, eventually reached an uninhabited island, one of the Goto islands. From the harbor, I walked around the coast and up a hill, and gazed out to the east. Sure enough, there beyond a sea slightly darkened by winter clouds was the island where I grew up. I was looking back from the other side of the sea I had always seen. It was a very odd sensation, like a parallel universe.





関連写真展



第20回(2018年度)三木淳賞受賞新作写真展 
田川 基成 写真展「見果てぬ海」」


会期:2020年11月17日(金)〜11月30日(月) 
時間:10:30~18:30(日休/最終日15時まで) 
会場:ニコンプラザ東京 THE GALLERY(新宿)
入場無料


巡回展

会期:2021年1月21日(木)〜1月27日(水) 
時間:10:30~18:30(日休/最終日15時まで) 
会場:ニコンプラザ大阪 THE GALLERY(梅田)
入場無料



 
【Other Exhibiton 】
田川基成写真展「Vernacular Churches」

会期:2020年10月29日(木)〜11月10日(火)
時間:12:00〜20:00(最終日〜17:00まで)水曜休廊
会場:Alt_Medium(東京 高田馬場)





MHU_033s.jpg

EleG1_qVgAAh6aA.jpeg



Artist Information 


田川 基成 (たがわ・もとなり)

1985年生まれ、長崎県の離島出身。北海道大学農学部森林科学科卒業。 東京で編集者、記者を経て2014年に独立。自身のルーツと暮らしてきた土地や旅の経験を通し、移民と文化、風景と記憶などをテーマに作品を制作する。千葉県に住むイスラム教徒のバングラデシュ移民家族の5年間を写した「ジャシム一家」 で第20回(2018 年)三木淳賞受賞。
日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン『ニッポン複雑紀行』にて連載中。


写真集
2020年 『見果てぬ海』 赤々舎

個展
2018年 「ジャシム一家」 新宿/大阪 ニコンプラザ THE GALLERY
2018年 「ジャシム一家」 札幌市教育文化会館
2017年 「ジャシム一家」 銀座/大阪ニコンサロン

グループ展
2016年 「Photobook as Object」展 Reminders Photography Stronghold (墨田区、東京)
2016年 「Between The Rivers」 東川国際写真フェスティバル




Motonari Tagawa


Born in Nagasaki, Japan in 1985.

After studying Forest Science at Hokkaido University, Tagawa worked as an editor and a reporter for four years in Tokyo before becoming an independent photographer in 2014.

His work focuses on his interest in immigrants and culture, and on landscapes and memories. He won the Miki Jun Award in 2018 for his debut work Jashim Family, a photo documentary covering five years in the life of a Muslim family of Bangladeshi immigrants living in Chiba prefecture, Japan.