川瀬 慈『見晴らしのよい時間』

見晴らしの良い時間cover_s.jpg

 川瀬 慈『見晴らしのよい時間』
    space01.jpg
  Book design:木村稔将
  表紙・挿画:平松麻


  発行:赤々舎

  Size:
H210mm x W148 mm
  Page:152 pages
  Binding:Hardcover

  Published in June 2024
  ISBN:978-4-86541-182-9
¥ 2,500+tax 

国内送料無料!

【国内/Domestic Shipping】 

お支払い方法は、PayPal、PayPay、Paidy
銀行振込、郵便振替、クレジットカード支払いよりお選び頂けます。





About Book


パンデミックや戦渦の時代 ──

足を止め、耳を澄まし、向かい合う、見晴らしのよい時間。

イメージの生命と共振し、

すべての境界が融解した場所に立つ



遠く離れた旅に出遭う人々の在りよう、周縁にも想いを凝らし、存在の痛苦、創造性、したたかさを抱き込みながら、その交感から立ち上がる詩を、映像や文章として作品にしてきた映像人類学者 川瀬慈。

本書は、長く続いたパンデミックの時代に、気ぜわしい日常のなかで希薄になりつつあった"イメージの生命"とのつながりを再び確かめ、その聖域の奥へ奥へとイマジネーションの潜行を試みることから生まれた。

日々の営みのあちこちにその入り口を持ちながら、人が太古より祈りや歌を通しても交流を重ねてきた、見えるものと見えないものの真ん中に息づくその場所へ──。洞窟壁画を模写した水彩画、歌、エチオピア移民のコミュニティ、イタリア軍古写真との遭遇── イメージの還流に揺さぶられながら、著者の野生のまなざしは、見晴らしのよい時間へと通貫していく。

ちりばめられたイメージの神話の種子に、平松麻氏による挿画も息を吹き込む。
イメージの生命と共振しながら、この時代にさらなる歩行を促す、祈りと生命の兆したち。 

 
 


「イメージは生きている。私の内側の感覚や記憶と溶融し、様々なかたちで世界にあらわれ出ていく。それはまた、あなたのまなざしや息吹を受け、新たに芽生え、時空を超え、自らの生命をはてしなく拡張させていく。」
(前書きより)




Contents




地軸の揺らぎ
見晴らしのよい時間/獣がかじるのは/君の歩行

川に沿って
イメージの還流/線の戯れ/どんぼらの淵

白い闇
ムジェレ/さくら荘のチュルンチュル/楽園

神話の息吹
虹の蛇/乳房からしたたる涙/影の飛翔/宴

歌へ
ちょんだらーに捧ぐバラッド/打てばよい/歌へ〔三つの書評より〕/私は歌

イメージの生命
アビシニア高原、一九三六年のあなたへ

〔対談・イメージの生命〕
アビシニア高原、一九三六年のあなたへ ─ イタリア軍古写真との遭遇
川瀬慈 × 港千尋





Related Events



新井高子 × 川瀬慈 トークイベント『詩と吟遊が羽ばたく場所』

「『おしらこさま綺聞』(幻戯書房)&『見晴らしのよい時間』(赤々舎)刊行記念


開催日時:2024年6月28日(金)18:30〜

会場:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加:1500円(要予約)



東京堂202406.jpg


阪本 佳郎 × 川瀬慈 「詩想の水脈─ 旅の『出遭い』に湧き立つ歌」

阪本 佳郎『シュテファン・バチウ: ある亡命詩人の生涯と海を越えた歌』刊行記念


開催日時:2024年6月16日(日)13:00〜15:00

会場:恵文社 一乗寺店 コテージ(京都市左京区一乗寺払殿町10)

参加:1500円(要予約)



kawase-event02.jpg




Artist Information 


川瀬 慈(かわせ いつし)


1977年生まれ。映像人類学者。国立民族学博物館教授。エチオピアの吟遊詩人、楽師の人類学研究を行う。人類学、シネマ、アート、文学の実践の交点から創造的な語りの地平を探求。
主著に『ストリートの精霊たち』(世界思想社、2018年、第6回鉄犬ヘテロトピア文学賞)、『エチオピア高原の吟遊詩人  うたに生きる者たち』(音楽之友社、2020年、第43回サントリー学芸賞、第11回梅棹忠夫・山と探検文学賞)、『叡智の鳥』(Tombac/インスクリプト、2021年)。


KAWASE Itsushi


Kawase Itsushi is an anthropologist, filmmaker, and poet born in 1977, Gifu, Japan. He has conducted research on Ethiopia's hereditary singer-poets since 2001. In 2016, as guest professor for the University of Bremen, Shandong University, and Mekelle University (Ethiopia), he held intensive lectures on the theories and practices of visual anthropology. He is currently an associate professor at Japan's National Museum of Ethnology and the Graduate University for Advanced Studies. His writings and films, includingMischief of the Gods: Tales from the Ethiopian Streets", have received numerous awards, most recently the 2021 Suntory Literary Prize and the 2022 Umesao Tadao Literary Prize.




Related Items













(out of stock)




(out of stock)




(out of stock)




(out of stock)





(out of stock)






bk_imafuku_c.jpg