Events

写真家・藤代冥砂さん初の風景写真集『あおあお』の出版を記念して、京都の書店 恵文社一乗寺店にて
トークイベント&サイン会を開催いたします。



日時:7月3日(日)
会場:恵文社一乗寺店COTTAGE
会場:14:30 / 開演:15:00
参加費:1500円(1ドリンク付き)
出演:藤代冥砂

ご予約、お問い合わせは 恵文社一乗寺店
こちら(恵文社のページへリンクします) 
または TEL 075-711-5919 までご連絡くださいませ。



あおあお_cover_H1-4_0606.pdf(2_9ページ).jpg


藤代冥砂 初の風景写真集

空と海のあいだ。海と森のあいだ。
あおあおと満ち、うごき、連なるいのち。

沖縄に移住して5年の月日のうちにいつしか撮りたまった写真は、
暮らしのなかで眼差しを向けた南国の光と色に溢れています。
神秘的な海の中の景色、そこここにある拝みの場所、循環する水の動き、鮮やかな動植物たち。
被写体と真っすぐに向き合い、その生命力を交歓するようにして撮られた一枚一枚から、突き抜けた明るさとともに、
世界に寄せる静かな祈りが伝わってきます。




光と色と祈りに満ちて

5年分の写真を振り返ると、気になる写真には光と色とがあった。

それは結構な量だったので、一冊にまとめてみたいと思った。
赤々舎の姫野さんに持っていくと、写真が上手ですね、と褒められた。写真が上手と言われたことはほとんど無かったので、そうか、写真うまいのか、と嬉しく思った。それは去年の冬の始まりの頃だった。
その後、たくさんの沖縄写真を持っていった。600枚くらいだったと思う。何度も会って、感想を交換した。写真の種類はもう少しだけ幅があったのだけど、 自然に光と色でまとめる方向へと定まっていった。それらに私の正対する視線がより強く残っていたからだ。その間、私は自分の撮った写真と現実の沖縄での暮 らしを、何度も何度も往復して、矛盾は無いか、嘘は無いか、をしっかりと確認した。大丈夫だった。
私は、光と色に添うようにして沖縄で5年を暮らした。島の歴史や現在の問題はそこに居れば、目に見え、耳に聞こえ、肌で感じられる。それを写そうと思わな かったのは、光と色に託してみたかったからだろう。それは無意識の選択でもあったが、強度があった。自分の持ち場はそこにあるのだと直感したのだと思う。
島の自然や暮らしの断片を通して輝く光と色の原初の美しさは、言葉にするならば、あおあお、であり、意味にするなら、祈り、に近いと感じた。私はあおあおとした世界で島の幸福を祈っている。
構成としては、海から始まり海で終わっている。水の循環である。終わりの一枚では、父が子供に何かを唱えている儀式のようにも見える。光が沈む頃の崇高さ は、時代と場所を問わないだろう。そして朝が来れば、はじめのページへと戻る。光と色と祈りに満ちた一日がまた始まるのだ。


藤代冥砂




写真集『あおあお』
出版:赤々舎
仕様:B5変型、104ページ、ソフトカバー
アートディレクション:塚原敬史
価格:本体2,600円+税

写真集『夜明け』新装版の山内悠さんが2年前の夏にモンゴルへ旅に出た際、モンゴルの写真家
アレックス トゥメ氏と出会い、ふたりでモンゴルの各地を巡り、広大な大地、険しい山々の大自然、
その中で動物と共に生きる遊牧民の世界に触れました。
そして、交流を続けるこの写真家ふたりと夏のモンゴルを訪ねる撮影ツアーが企画されました。
ツアー期間中、参加者の皆さまはホテル宿泊時の写真レクチャーだけでなく、
移動中もふたりの写真家とともに、モンゴルの写真を撮影して楽しむことができます。
ぜひご参加ください!


MONGOLIAN PHOTO TOUR

夏のモンゴル撮影ツアー
日本人とモンゴル人、ふたりの写真家と行く撮影旅。道なき大草原からアルタイ山脈へ。
馬に乗り、氷河を歩き、カザフ族を訪ねる壮大なアドベンチャーをあなたとともに。

mongolian_yamauchiyu_01.jpg
mongolian_yamauchiyu_02.jpg


・日程      2016年8月26日〜9月2日/7泊8日
・料金              381,000円
・締切      2016年7月10日(日)

・同行写真家   山内悠/アレックス トゥメ
・最小敢行人数  7名様
・企画      (株)アスピラモス
・主催      モンゴル・アルタイツアー(http://altaitour.mn)

ツアー詳細はこちら:
http://aspiramosinfo.wix.com/home#!tolavel-to-mongolia/wmzv7(アスピラモスのページへリンクします)

山内 悠 (やまうち ゆう)
1977年、兵庫県生まれ。長野県在住。国内外での展示を行う。スタジオアシスタントを経て、2006年より富士山の山小屋にて600日間こもり作品制作。現在は屋久島、モンゴルへ通い作品制作中。写真集「夜明け」(2010・赤々舎)。書籍「雲の上に住む人」(2014)も刊行。

ALEX TUMME (アレックス トゥメ)
モンゴル国出身。ウランバートル在住。自然を中心に撮影し、モンゴル国内外で個展開催。
写真集「Wonders of Mongolia」(2008)、「Inpiring Mongolia」(2009)、「Savage Garden」(2013)、「Throgh the holy land」(2014) がある。「MGL Design Group」創立。

写真家・山内悠による スライド&トーク説明会

ツアーに先がけて、写真家・山内悠さんご本人と、山内さんがモンゴルで撮影された写真を交えたツアー説明会を行います。参加費は無料です。内容やご不明な点に加えて、持っていくカメラ、レンズなどのアドバイスもお聞きすることができますので、ぜひご参加ください。

写真家・山内悠によるスライド&トーク説明会には事前に申込みが必要です。
下記のページ下のフォームより、件名を「夏のモンゴル撮影ツアー・ツアー説明会参加希望」として、
お名前(フルネーム)と連絡先(電話番号)、参加人数をお送りください。
確認後、ツアー説明会参加の連絡をメールにてさせていただきます。

お申し込みはこちら:
http://aspiramosinfo.wix.com/home#!tolavel-to-mongolia/wmzv7(アスピラモスのページへリンクします)


写真家・藤代冥砂さん、話題の初の南国写真集『あおあお』の刊行を記念して7/1(金)にトークショーが開催されます!

沖縄に移住してから5年。
いつしか撮りたまったという写真は、日々のなかで眼差しを向けた、南国の光と色に貫かれています。

トークのお相手はスタンダードブックストア心斎橋 代表・中川和彦さん。

そもそもなぜ沖縄に移住することになったのか、この南国写真集の突き抜けた明るさをもたらしたものは何か、ジャンルを横断しながらの作家活動についても、お話をゆっくりうかがう会が予定されています。

生命力を交歓するように撮られたそのエネルギーに満ちるイベント。どうぞみなさまお誘いあわせのうえ、ご参加くださいませ!



あおあお_cover_H1-4_0606.pdf(2_9ページ).jpgのサムネール画像


【藤代冥砂 写真集『あおあお』トーク&サイン会】

@スタンダードブックストア心斎橋


【日時】
2016年7月1日(金)19:30~(開場18:45)

【入場料】
1500円(1ドリンク付き)

【場所】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル


【ご参加方法】

1.スタンダードブックストア心斎橋店さまへのお電話(06-6484-2239)
2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
3.メール
本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
※スタンダードブックストア心斎橋店さまのfacebookイベントページでの参加ボタンでは、ご予約となりませんので、ご留意ください。







写真集『新編 太陽の鉛筆』の東松照明写真展「東松照明 太陽の鉛筆」が、札幌宮の森美術館にて開催中です。




TM-sapporo_160620.jpg
1972年 波照間島 © Shomei Tomatsu - Interface

 東松照明は日本各地の米軍基地周辺の人物や風景を被写体とした「占領」シリーズにおいて基地を通して戦後の日本を見つめ直し、『〈11時02分〉 NAGASAKI』 では、長崎に投下された原爆の記憶を辿るなど、常に時代への鋭い視線と共に写真表現の可能性を切り開き、戦後の日本写真界を牽引し続けてきた存在です。

『太陽の鉛筆』は、東松の作品群の中で最も重要なもののひとつと位置づけられています。東松がカメラを向けたテーマは多岐に渡りますが、生涯を通じてこだわり続けたのが"沖縄"でした。このシリーズは、1969年に沖縄と出会って以来、彼の地が持つ強靭かつ広大な精神の領域によってアメリカニゼーションを拒み続ける姿に魅れ、アメリカ占領下から本土復帰に至る沖縄、八重山諸島や宮古島の祭祀や風俗をテーマに、時代に翻弄されながらもたくましく生きる人々の暮らしを精力的に撮影したものです。その視線は日本という枠を超えて東南アジアへと展開し、環太平洋における島嶼文化の基層を探る写真的実践として高い評価を得ています。


会期

4月23日(土) ― 6月26日(日)
10:30-19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日 : 火曜日、5月3日は開館

場所

札幌宮の森美術館 本館 (札幌市中央区宮の森2条11丁目2-1)

観覧料

一般800円 シニア(60歳以上)高大生600円 中学生以下無料


主催:札幌宮の森美術館+NPO法人CAPSS
企画 協力 : AKIO NAGASAWA Gallery 東松照明オフィス INTERFACE


詳細はこちら:http://miyanomori-art.jp/exhibitions/160423_tomatsushomei.html(札幌宮の森美術館のページにリンクします)


展示関連情報やイベント情報満載の札幌宮の森美術館ツイッターアカウントはこちら:https://twitter.com/miyanomoriam
W.H.フォックス・タルボット写真展「自然の鉛筆」が東京工芸大学の写大ギャラリーにて開催中です!
皆さまぜひ足をお運びください。
東京工芸大学生協にて初の完全日本語版『自然の鉛筆』もお求めいただけます。

W.H.フォックス・タルボット写真展「自然の鉛筆」

会期
2016年4月18日(月) ~ 2016年6月5日(日)
10:00 ~ 20:00
会期中無休・入場無料

場所
東京工芸大学 写大ギャラリー


bk-pencil-of-nature-02.jpg

<< Previouse 345678910111213