Events

ishikawa_banner_670.335.jpg

石川竜一の初期作品から新作まで含む大規模な展示が、横浜市民ミュージアムあざみ野の「フォトアニュマル企画展」として開催が決定いたしました!初日には石川竜一のトークイベントを。また、会期中には小社姫野と聞き手に日比谷安希子さん(学芸員)による「写真集ができるまで」と題したトークイベントや、視覚に障がいがある方、お子様向けの鑑賞会&ワークショップ、学芸員によるトークなど、より展示をお楽しみ頂ける内容が盛り沢山です。

展示は入場無料ですので、皆様、お誘い合わせの上ご来場くださいませ。

ーーーーー
平成27年度のあざみ野フォト・アニュアル企画展として、写真家石川竜一の個展を開催します。1984年 宜野湾(沖縄)生まれの石川は、まだ作家としてはキャリアの浅い中、2014年最初の写真集を2冊同時に出版し、第40回木村伊兵衛写真賞、2015年日本写真協会賞新人賞を続けて受賞するという衝撃的なデビューを飾りました。これまでも多くの写真家によって取り上げられてきた人物像と風景が中心ですが、自身の生活の場でもある沖縄で撮影されたこれらの作品は、それぞれの対象と真正面から対峙し、今そこに在ることの強烈なイメージが見るものに迫ります。視ることの意味を改めて問いかける石川の作品は、現代の写真の表現に新たな方向性を示しています。 展覧会は、最初期のフォトグラムや木村伊兵衛賞の対象となった沖縄での作品に加え、極限に近い環境での山行で撮影された最新作によって構成され、その活動の全貌を展覧します。
(横浜市民ギャラリーあざみ野リリースより)
ーーーーー

石川竜一 展「考えたときには、もう目の前にはない」

概要

日程:2016年1月30日 (土)  〜 2月21日 (日)  10:00~18:00  ※会期中無休
入場料:無料(会期中のイベント一部有料)
会場:展示室 1

関連イベント

1)石川竜一トークイベント ※ゲスト未定
日程:1月30日 (土)
出演:石川竜一 
会場:3階アトリエ
定員:50名程度 
参加費:無料 / 要事前申込  ※1歳6ヶ月~未就学児の保育あり(予約制・有料)

2)あざみ野カレッジ「写真集ができるまで」
日程:2 月 20 日 (土)  14 : 00〜15 : 30
出演:姫野希美(小社代表)×  聞き手、日比谷安希子(横浜市民ギャラリーあざみ野学芸員)
会場:3階アトリエ
定員:高校生以上40名程度  ( 要事前申込、応募多数の場合抽選)
応募締切:2 月 8 日 (月) 必着
参加費:500 円 / 要事前申込  ※ただし、あざみ野カレッジ初回受講者は学生証発行手数料500円が別途必要。
あざみ野カレッジ詳細はコチラ

3)学芸員によるギャラリートーク
日程:2 月 7 日 (日)  、2 月 21 日 (日)  各日 14 : 00 〜 15 : 30
会場:展示室 1
※参加費無料、申込不要

4)アートなピクニックー視覚に障がいがある人が共に楽しむ鑑賞会
視覚に障がいがある人もない人も、共に見て語らいながら石川竜一展を楽しみませんか?
日程:2 月 6 日 (土)  10 : 00 〜 12 : 30
対象:視覚に障がいがある人 10 名、視覚に障がいがない人 15 名  ( 要事前申込、応募者多数の場合抽選)
応募締切:1 月 27 日 (水) 必着
会場:展示室 1
※参加費無料
※最寄のあざみ野駅までお迎えが必要な方は申込時にご相談ください。※1歳6ヶ月~未就学児の保育あり(予約制・有料)。

5)子どもための鑑賞会 & ワークショップ   フォトグラムをつくろう!
展覧会を鑑賞し、石川さんも制作している写真技法「フォトグラム」を体験します。
日程:2 月 13 日 (土)  14 : 00 〜 16 : 30
会場:3 階 アトリエ 
対象:小学 3 ~ 6 年生 20名 (要事前申込、応募多数の場合抽選) 
応募締切:2 月 3 日(水)必着 
※参加費無料

イベントのお申し込み

下記、必要事項を明記の上【往復はがき】【ホームページの申込フォーム】【直接来館(2階事務局) 】のいずれかでお申し込み下さい。

【送付先】 〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 アートフォーラムあざみ野内 横浜市民ギャラリーあざみ野 宛
【必要事項】 「ご希望のプログラム名」「名前(ふりがな)」「住所」「年齢 か 学年」「電話番号/FAX番号」
 アートなピクニック参加者は「視覚障がいの有無」「送迎の希望」 

※対象が該当するご家族の場合のみ連名でお申込いただけます。 
※複数のプログラムに参加ご希望の方は、お手数ですが別々にお申込ください。 
※締切後、抽選結果にかかわらず、みなさまにご返信いたします。 なお締切日後7日たっても結果が未着の場合には、 大変お手数をおかけいたしますが、お問い合わせください。
※視覚に障がいがある方で、上記の方法でのお申込が難しい場合はご相談ください。 
※締切を過ぎても定員に満たない場合は先着順で電話申込を受け付けます。 
※提供された個人情報は今回の事業実施のためだけに使用し、その他の目的で使用することはありません。


会場・お問い合わせ

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
住所:〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 アートフォーラムあざみ野内 
電話:045-910-5656  FAX:045-910-5674  メール:info★artazamino.jp(★を@に変更して下さい)
最寄り駅:東急田園都市線「あざみ野駅」東口から徒歩 5 分、横浜市営地下鉄「あざみ野駅」1・2番出口徒歩 5 分
駐車場:27台  ※詳細の地図はコチラ
(横浜市民ギャラリーあざみ野サイトにリンクします)



石川竜一写真集『adrenamix』はコチラからお買い求め頂けます。
adrenamix_cover.jpg
NE_book_1016ok_高解像度.jpg


毎月第一金曜日の夜に開催されるイベント「写真を読む夜」に写真集『よすが』の仲田絵美さんが出演されます。ナビゲーターは本イベントの企画者であり、ライターの山内宏泰さん。写真のこと、写真集制作時のこと。会場を変え展示も勢力的に行ってきた仲田さんが、お話します。是非、年始のはじまりにご来場をお待ちしております。


【写真を読む夜】
ゲスト:仲田絵美

日時

2016年1月8日(金)
20:00〜21:30
(受付は開始30分前の19時30分から)

入場料

1,000円(立見の方は500円)
※当日受付時に代官山 北村写真機店カウンターにてお支払いください

ご予約

代官山 北村写真機店店頭もしくはお電話(03-5728-3958)にてご予約をお願い致します。
お席へのご案内は、ご予約の先着順とさせて頂きます。
お席に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。

定員

40名(着席25名・立ち見15名)

会場

代官山 北村写真機店
東京都渋谷区猿楽町16-15 DAIKANYAMA T-SITE GARDEN 4号棟
TEL:03-5728-3958
東急東横線 代官山駅より徒歩5分


詳細:http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2015/12/post-33.html
(代官山T-SITEのサイトにリンクします)

大変長らくお待たせしました!
「そこで見てる ミッシェル・ガン・エレファント ラストへブン展 澁谷征司」、
満を持しての西日本初巡回は、メンバーのふるさとでもある広島で、
ラストへブンツアーの会場にもなったクラブクアトロでの開催です!

1月31日(日)~2月2日(火)の3日間はスライドショー展示、31日にはイベントの開催もございます。
ぜひ皆さま今から来年のスケジュール帳やカレンダーに書き込んで、
お誘いあわせのうえ、足をお運びください。

/// 本展は盛況のうちに終了いたしました。次の巡回は京都 元・立誠小学校です!! 詳細はこちら ////


IMG_1237.JPGIMG_1236.JPG


緊急決定! 
澁谷征司が撮影したラストヘブンツアーの写真プリント多数当時メンバーが使用していたものが展示された
広島クラブクアトロのバックヤードを、会期中毎日、ツアー形式でご覧いただけることになりました!!
このバックヤードツアーは日に数回の開催を予定しております。
開催する時間は決定次第このページと赤々舎ツイッターおよびfacebook等でご案内いたします。

IMG_1205.JPG
IMG_1210.JPG
IMG_1212.JPG

IMG_1219.JPG
IMG_1221.JPG
IMG_1225.JPG

IMG_1227.JPG
IMG_1231.JPG
IMG_1233.JPG

 NEW
バックヤードツアー開催時間決定!!
1日4回、下記の時間帯のみバックヤードにて広島展限定の特別インスタレーションをご覧いただけます。
①14:00~ ②16:00~ ③18:00~ ④20:00~

※1月31日(日)は「ミッシェル in Dark Room」開催のため18時からの回はございません。
※係員がご案内致しますので、バックヤードツアー参加ご希望の方はロビーにお集まりください。
※ツアー時間は10〜15分程度を予定しております。
※一度にご参加頂ける人数には限りがあります。参加者が多い場合は何組かに分かれてご覧いただく事となりますので、待ち時間が発生する可能性がございます。
※状況に応じて鑑賞時間の制限を設ける場合もございますので、予めご了承ください。

TMGE_hiroshima.jpg

31日のイベントの時間決定!
澁谷征司が広島クラブクアトロを暗室にしてプリントを手焼きする(!)イベント
「ミッシェル in Dark Room」は17:00からのスタートとなります!

当日はイベント開始の30分前(16:30)から通常のスライドショー上映展示は停止いたしますのでご注意ください。
※イベント中は作業に合わせて何度か会場内を完全消灯いたします。イベント開催中は係員の指示に必ずしたがってください。




そこで見てる
ミッシェル・ガン・エレファント ラストへブン展
澁谷征司


◆澁谷征司 写真集『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT −LAST HEAVEN−』収録作品及び未公開作品からなる写真のスライドショー上映
◆『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT −LAST HEAVEN−』写真集販売

2003年に惜しまれつつ解散し、12年以上たった今でも常に新しいファンが増え続けていくほどの影響力を誇るロックバンド、ミッシェル・ガン・エレファントのラストツアーの全行程に密着して撮影された400ページの写真集、澁谷征司写真集『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT - LAST HEAVEN-』収録作品及び未公開作品からなる写真のスライドショー上映を核とする展示会の開催が決定しました。

空間のなかで多面を用いて上映される本企画のスライドショーは、インスタレーションとしての魅力を持つ新しい表現となっており、これまでに東京都の渋谷ヒカリエ8/(2015年6月30日~7月6日)と福島県の猪苗代湖畔でのカルチャーミックスフェスティバル「オハラ☆ブレイク '15 夏」会場(2015年8月1日~8月9日)にて巡回上映され、各地で大変な好評を博しています。

今回満を持して西日本での初開催となる「そこで見てる ミッシェル・ガン・エレファント ラストへブン 澁谷征司」展、会場はラストツアー「LAST HEAVEN TOUR」の公演会場でもあった広島クラブクアトロです。お見逃しなく!


会期

2016/1/31(日)~2016/2/2(火)
13:00~21:00

※1/31(日)にはイベント「ミッシェル in Dark Room」を開催!
澁谷征司が広島クラブクアトロを暗室にしてプリントを手焼きします。
開演/17 : 00 NEW

当日はイベント開始の30分前(16:30)から通常のスライドショー上映展示は停止いたしますのでご注意ください。
※イベント中は作業に合わせて何度か会場内を完全消灯いたします。イベント開催中は係員の指示に必ずしたがってください。

入場料

500円 
※前売販売はございません

場所

広島CLUB QUATTRO
広島県広島市中区本通10-1 広島パルコ本館10F


お問合せ

広島CLUB QUATTRO
082-542-2280
http://www.club-quattro.com/hiroshima/schedule/detail.php?id=5512 

主催 / 企画制作:赤々舎
協力:ベイス
特別協力:パルコ





石川竜一が参加する「フォトネシア沖縄」の関連の11月15日(日)トークイベントが開催されます。
石川直樹さん、川島小鳥さんとお話いたします。
どなた様もご参加頂けますので、是非ご来場くださいませ。

日時:11月15日(日) 13:00〜15:30
会場:テンブス館3F ギャラリー
参加費:500円
住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-2-10
TEL:098-868-7810
12193398_438415479699708_2959861915652660247_n.jpg

写真集『沖縄のことを教えてください』の初沢亜利さんが、東京・渋谷のアツコバルー arts drinks talkにて
写真展「周縁からの眼差し」~東北・北朝鮮・沖縄 報告~を開催されます。
被災地東北、北朝鮮、沖縄というこれまでの三つの作品を一度にご覧いただける機会となります。

10月31日(土)の初日にはどなたでもご参加いただけるオープニングパーティー、
11月5日(木)には、いとうせいこうさん×初沢亜利さんのトークイベントも開催されます。

皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひ足をお運びください。


HATSUZAWA_WEB-thumb-650xauto-2500.jpg

初沢亜利写真展
「周縁からの眼差し」~東北・北朝鮮・沖縄 報告~

「権力と写真」

初沢亜利

2010年~2015年、被災地東北、北朝鮮、沖縄を廻り3冊の写真集を出版した。
東京でしか暮らしたことのない私が日本の周縁に降り立ち、権力の中枢を眺め返した時、我が身に染み付いた無自覚な権力的思考に直面させられることになった。
権力者の善意すら暴力と紙一重であることを改めて学ぶ年月だった。
文化的背景も、直面する課題もそれぞれに固有であり、3つの地点を並列することは、それこそ暴力の上塗りになりかねないが、逆照射される東京景だけは、どの地点から見ても変らなかった。
中央と地方、旧宗主国と旧植民地、多数民族と少数民族。
問題の所在が抑圧される側ではなく抑圧する側にある、という自覚は多くの人にとって受け入れ難い。
北朝鮮問題、沖縄問題、言葉そのものが暴力性を露呈する。
哀れな被災地、極悪非道の北朝鮮、楽園としての沖縄。
眼差す側が存在論的不安から逃れるために、不都合な周縁を特定のイメージで囲い込むことから暴力はスタートする。
イメージ化された現場の内奥にある「日常」を撮っているのですね?という軽率な質問にはこう答えるしかない。世界には「日常」しかありません。

確かに世界は不条理と不正義に満ちている。そして、不正義を解消することは最終的には抑圧者にしかできない。
北朝鮮との国交正常化も、沖縄への米軍基地の過剰負担も、我々本土人、日本人の手で克服するほかはない。
全ての不正義を解消してもなお不条理は残る。
私の意識で制御できない、私の意のままにならない。それが世界と写真に共通する本質だ。
世界にも写真にも中心はなく、撮影者の意思そのものも中心点にはならない。
「必然」に引き寄せたい欲望と不安の先に「写真」はいつでも存在する。
「私」が安心を求めてカメラを用い、安易に他者や地域に同化し状況を物語化すると写真は必ず閉塞する。
世界は私の思惑と関係なく存在している、という不条理に耐える胆力こそが、写真を解放するための唯一の道ではないか?

抑圧−非抑圧の二項対立のどこに立っているかを片時も忘れず、同時に多方向的に入り乱れる意思を集約することなく包摂し印画紙に定着させられるか。
私は不正義を解消しうる人間性に希望をもち、なお逃れられない不条理に喘ぐ人間を肯定する。
過去、現在、未来に渡り人間存在を全肯定すること。それが私にとっての写真的美学だ。

抑圧者として周縁を廻る5年の旅はひとまず終わった。
撮り手と見る側が美意識と不条理を共有しつつ、なお内なる不正義に意識を開いていく。
そんな展示を目指している。
それが写真家の挑戦であり、見る側にとっての挑戦でもある。


会期

10月31日(土)~11月22日(日)
水 - 土 14:00 - 21:00
日・月 11:00 - 18:00 
火曜定休

入場料

¥500 (includes a drink)

イベント

オープニングパーティー

10月31日(土)  19:00~21:00
入場無料

初沢亜利 × いとうせいこう トークイベント

11月5日(木) 19:00~21:00
¥1000 (includes a drink) 
※当日受付のみ。
会場がいっぱいになりましたら入場を制限させていただきますので、予めご了承ください。

場所

〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F




<< Previouse 56789101112131415