Blog


スクリーンショット 2018-03-16 6.38.28.png


劇団「地点」と出版社「赤々舎」は、李岳凌(リー・ユエリン、台湾)、石川竜一(日本)、Seung Woo Back(ベク・スンウ、韓国)という東アジアを拠点に国際的に活動する写真家達による展覧会シリーズを「About the photographs, About us, Asia」と題し、2018年3月〜6月までの間に連続企画展として開催いたします。
三つの展覧会共通の会場となる「アンダースロー」は、ライブハウスを劇場としてリノベーションした地下空間。少し長い階段を降りると、思いもよらなかった異空間が広がります。
普段は演劇のための空間として観客が集う場所に、写真家による視点が、私たちの時代が、どのように立ち現れるのか。
会場では赤々舎の関連写真集もご覧いただけます。
お飲物片手に、ゆっくりお過ごしください。




由劇團「地點」與出版社「赤赤舍」共同企劃,以東亞為據點展開國際活動的攝影家們的系列展覽「About the photographs, About us, Asia」,將於2018年3月~6月之間,陸續舉辦李岳凌(Yehlin Lee、台灣)、石川龍一(Ryuichi Ishikawa、日本)、Seung Woo Back(韓國)三位作家的連續企劃展。
 
三個展覽的共通會場「UNDER-THROW」,是將Live House改裝為劇場的地下空間,沿著長長的樓梯走下來之後,想像不到的異空間就在眼前展開。平時作為劇場表演聚集觀眾的空間,透過攝影家的視點,又會將我們所處的時代呈現出什麼樣貌?
會場將放置赤赤舍的相關攝影集,看展之餘也歡迎在此喝杯飲料自由觀賞。



극 단 Chiten 과 출판사 Akaaka 는,동아시아를 거점으로 활약하고 있는 사진작가 李岳凌(리 유에린, 대만), 이시카와 류이치(일본), 백승우(한국) 의 전시회, 「About the photographs, About us, Asia」를 2018년 3월부터 6월 사이에 개최합니다.
세 전시가 진행되는 「언더 스로(UNDER-THROW)」는, 라이브 하우스를 극장으로 리노베이션한 지하공간. 조금 긴 계단을 내려오면, 생각지도 못했던 공간이 펼쳐집니다.
평소에는 연극 상연 공간으로 사용되는 이 장소에서, 사진가들의 시점이 어떻게 표현될게 될까요.
전시회장에는 Akaaka 의 관련사진집도 보실 수 있습니다.
한 손에 음료를 들고 천천히 이 공간을 즐겨주세요.




©Yehlin Lee01.jpg
                                            ©Yehlin Lee

Vol.1 李岳凌
Yehlin Lee "Raw Soul"
2018 3/14(wed)〜3/26(mon)




©Ryuichi Ishikawa01.jpg
                                ©Ryuichi Ishikawa
Vol.2 石川竜一
Ryuichi Ishikawa"home work"
2018 3/28(wed)〜4/12(thu)   ご好評につき、4/19(thu)まで延長となりました。




©︎Seung Woo Back01.png
                                         ©Seung Woo Back

Vol.3 ベク・スンウ   
Seung Woo Back "(タイトル未定)"
2018 5/24(thu)〜6/24(sun)




ADMISSION

時間:13:00〜20:00(各展初日のみ18:00〜)会期中無休
料金:一般(800円)  学生(500円) いずれも1drink 付
シリーズ共通チケット(通常一般2,400円のところ 2,000円) *会期中会場にて販売
 
Opening Hours 13:00〜20:00(Each of the first day only 18:00〜)
Open every day during the exhibition period.
General 800 yen / Student 500 yen  With 1drink
Discount on combined ticket  2000 yen  *Sold at the venue


ACCESS
会場:アンダースロー 
京都市左京区北白川久保田町21 地下
TEL. 080-6189-9226
◯京都市営バス17・203系統、5・204系統「銀閣寺道」下車 → 徒歩約1分
*JR京都駅からはバスターミナル A2 のりばより、17系統へのご乗車が便利です   時刻表はこちら
◯京阪鉄道「出町柳駅」7番出口  →  徒歩  約25分
◯出町柳駅よりタクシー利用の場合 → 所要  約5分、800円程度
VENUE:UNDER-THROW 
 
21-B1F Kitashirakawakubota-cho, Sakyo-ku, Kyoto, JAPAN 
Tel +81-(0)80-6189-9226
◯Kyoto City Bus  Route  "17"   "203"  "5"  "204"    1 minute walk from Ginkakuji-michi bus stop
*From Kyoto station, By using  route 17 bus  at the bus stop A2  can go conveniently. bus schedule here
◯Keihan Railway "KH 42" (Demachiyanagi station) EXIT 7 25 minutes' walk or TAXI (5 minutes/ about 800 yen)









地点 CHITEN

三浦基が代表をつとめる。再構成やコラージュによる作劇を得意とし、その独自性は国内外で高く評価される。抑揚やリズムをずらし、意味から自由になることでかえって言葉そのものを剥き出しにする手法は、 しばしば音楽的とも。2013 年、北白川にアトリエ「アンダースロー」を開場。レパートリー作品の継続的 な上演のほか、観劇互助システム「カルチベートチケット」の導入や雑誌『地下室』の刊行など、幅広い 活動を行っている。主な作品にチェーホフ作『三人姉妹』、ブレヒト作『ファッツァー』、イェリネク作『光のない。』『スポーツ劇』など。
http://www.chiten.org/


赤々舎 AKAAKA
 
2006年設立のアートブックの出版社。写真集と現代美術の作品集を中心にこれまで約 170 冊を刊行。新人 のデビュー写真集も多く手がけ、木村伊兵衛写真賞の受賞者は 7 名を数える。
常に写真表現の可能性を模索し、写真とは何か、写真を見ることとは何かという本質を探求しつつ、大きな問いの器として写真集を制作している。また設立当初より、海外の作家作品、特に写真と言葉の関係において注目される作家の作品集も継続的に刊行し、国内の写真界に強い刺激を与え続けている。近年では写真家と共に国内外を巡るスライドショーツアーや展示なども企画し、現在的な写真行為の在り方を、作品のみならず写真家の肉声でも伝える活動も積極的におこなっている。
http://www.akaaka.com 





3月10日(土)    大阪 梅田蔦屋書店

3月11日(日) 広島T-SITE 


奥山由之さんトーク&サイン会を開催いたします。


ある村で暮らす友人の家族と、その周りの人々の日々の情景を2 年にわたり撮りためたシリーズがまとめられた、写真集『As the Call, So the Echo』は、奥山由之にとって、ある時から止まってしまった「写真の持つ気配」を、もう一度再生させるきっかけとなった、とても大切な作品です。

本イベントでは、ギャラリー916にて開催された展示『As the Call, So the Echo』、そして新作写真集についてお話しいただきます。ぜひ、ご来場くださいませ。



samapl01.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------------------------


【梅田蔦屋書店】


日時:2018年3月10日(土)14:00〜 (13:30開場)


場所: 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ  (ルクアイーレ9F  JR大阪駅直結)


料金:1,500円(税込)  


当日、奥山由之 写真集購入者に特典あり<ポストカード>



【予約】


梅田蔦屋書店さまお申し込みフォームよりお申込み下さい。


http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/02/post-489.html



会場 : 梅田蔦屋書店 〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3−1−3 ルクア イーレ 9F





---------------------------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------------------------



【広島T-Site】


日時:2018年3月11日(日)13:00〜 


場所: 広島 T-SITE  2号館2F SQUARE GALLERY


料金:1,000円(税込)  


当日、奥山由之 写真集購入者に特典あり<ポストカード>



【予約】


広島T-SITEさまお申し込みフォームよりお申込み下さい。


https://store.tsite.jp/hiroshima/event/art/1665-2347540202.html




会場 : 広島T-SITE  〒733-0831 広島県広島市西区扇2丁目 1-45






※日程、時間のお間違えにご注意くださいませ。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------


<PROFILE>


奥山由之(おくやまよしゆき)

 

1991年東京都生まれ。2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。
2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞受賞。
著作は他に『THE NEW STORY』(15年)『march』(15年)『君の住む街』(17年)などがある。

主 な個展は、「Girl」Raum1F(12 年)、「BACON ICE CREAM」パルコミュージアム(16 年)、「THE NEW STORY」POST(16 年)、「Your Choice Knows Your Right」REDOKURO(17 年)、「君の住む街」表参道ヒルズ スペースオー(17年)など。

近年ではCM、MV、映画など監督業も精力的に行っている。




昨年「さがみはら写真新人奨励賞」を受賞された『While Leaves Are Falling...』金山 貴宏さんが、ニコンプラザ新宿のThe Galleryで2/6(火)より開催の受賞記念展に参加されます。
東京都写真美術館「無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14」に出品された際よりも、ひとまわり大きいプリントが展示されるとのこと、また新鮮な印象で作品と向き合える貴重な機会となりそうです。

2/8(木)の14時頃からの数時間と、2/10(土)13時頃から終日→数時間、金山さんも写真集を持って在廊される予定です。 ぜひ足をお運び下さいませ。


rgb_37.jpg

フォトシティさがみはら 2017 プロの部入賞作品展

会場:THE GALLERY 新宿1/ THE GALLERY 新宿2
会期:2018年2月 6日(火) 〜 2018年2月12日(月) 日曜休館
日時:10:30~18:30(最終日は15:00まで)






金山貴宏写真集『While Leaves Are Falling...』はこちらからお求め頂けます。(表紙2種類)


WLF-sticker_omote.jpg 9784865410570.IN01s.jpg


石川竜一が2度に渡りフランスに滞在し、撮影されたシリーズが、昨年末の東京 渋谷 アツコバルーに続き、大阪 The Third Gallery Ayaでも展示されます。 初日27日(土)15:00〜は、アーティストトークも開催致します。ぜひお誘い合わせの上、ご来場くださいませ。 

 

OUTREMER|群青

石川竜一

2018年1月27日[土]-2月17日[土]

火曜-金曜 12:00-19:00 土曜 12:00-17:00

会場:The Third Gallery Aya (大阪府大阪市西区江戸堀1丁目8 西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F)

メイン_2017 Saint Denis.jpg


アーティストトーク 
 日 時|2018年1月27日(土)15:00-16:30
 参加費|1000円(税込・ワンドリンク付き)
 定 員|25人(要予約)
 申込先|tamaki@thethirdgalleryaya.com
 会 場|The Third Gallery Aya

協力:赤々舎

January Party 
2018年1月27日[土]17:00-19:00
若狭ビル全体と山登寿ビルでの合同パーティーを開催致します。是非お越しください。

*1月27日はアーティストトークを開催のため、展示は12:00-14:30までご高覧いただけますがその後17:00までトーク申込の方のみの入場となります。ご了承ください。
17:00以降はどなたも入って頂けます。


石川竜一|ISHIKAWA Ryuichi

1984年 沖縄県生まれ
2006年 沖縄国際大学科社会文化学科卒業
沖縄県在住

主な個展

2017
「草に沖に」地点(京都)
「OUTREMER/群青」アツコバルー arts drinks talk (東京)

2016
「Camp & Okinawa」Have a nice GALLERY(台北)
「Camp」Wag Gallery(東京)
「考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一展」横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川)「okinawan portraits 2012-2016」三菱地所アルティアム(福岡)
「okinawan portraits 2012-2016」The Third Gallery Aya(大阪)
「okinawan portraits 2012-2016」AM(東京)
「okinawan portraits 2012-2016」エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京)

2015 
「+zkop」沖縄コンテンポラリーアートセンター(沖縄)
「adrenamix」新宿フォト&バーnagune(東京)
「A Grand Polyphony」Galerie Nord(パリ)
「絶景のポリフォニー」大阪ニコンサロン(大阪)
「okinawan portraits」The Third Gallery Aya(大阪)

2014
「絶景のポリフォニー」、銀座ニコンサロン(東京)
「okinawan portraits 2010-2012」Place M(東京)
「zkop」アツコバルー(東京)
「RYUICHI ISHIKAWA」gallery ラファイエット(沖縄)

2010
「瞑」(写真、コンテンポラリーダンス)ギャラリーoMac(沖縄)
「脳みそポートレイト」沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー1,2(沖縄)

主なグループ展
2017
「日産アートアワード2017:ファイナリスト5名による新作展」BankART Studio NYK(神奈川)
「Looking at Borders」Casa Asia(キューバ)
「Looking at Borders」ロシア国立東洋美術館
2016年 
「Body/Play/Politics」横浜美術館
「OKINAWA : UNE EXCEPTION JAPONAISE 」Le Plac'Art Photo(パリ)

2016
「六本木クロッシング2016展 僕の身体、あなたの声」森美術館(東京)
「ドバイ・フォト」ドバイ デザイン ディストリクト、(ドバイ)
「BODY/PLAY/POLITICS」横浜美術館(神奈川)

2015
「木村伊兵衛写真賞40周年記念展」川崎市民ミュージアム(神奈川)
「叢×10」NADiff A/P/A/R/T(東京)
「日本写真協会賞受賞作品展」富士フイルムフォトサロン スペース1・2(東京)
「第40回木村伊兵衛写真賞受賞作品賞展」新宿コニカミノルタプラザ(東京)
「portraits」The Third Gallery Aya(大阪)

2014 
「show case #3」eN arts、(京都)
「森山大道ポートフォリオレビュー展」沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー(沖縄)

2013
「Fragments 3」(写真、コンテンポラリーダンス)沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー(沖縄)

2012 
「沖縄本土復帰40周年写真展 Okinawa 0 Point」

出版
2016
「Camp」Slant
「okinawan portraits 2012-2016」赤々舎

2015年 
「adrenamix」赤々舎

2014
「絶景のポリフォニー」赤々舎
「okinawan portraits 2010-2012」赤々舎

2013
「しば正龍 女形の魅力」自費出版

2010
「SHIBA 踊る惑星」自費出版


会場:The Third Gallery Aya (大阪府大阪市西区江戸堀1丁目8 西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F)


CF003921FR_セレクトRAW_Paris Nordss.jpg

samapl02.png


【Talk & Book signing】
 
写真に〈再び〉出会うこと   石川竜一 と 奥山由之  



石川竜一と奥山由之。
共に新作を発表したばかりの二人が自作について語りながら、いま写真について抱く思いや考えを交わします。

石川竜一の「OUTREMER 群青」は、「海の向こう」の地、フランスで撮影されたもの。初めての土地を歩きながら遭遇した人や光景に、どのように関わり、何を見出しているのでしょう。
奥山由之の「As the call, So the echo」は「ある村」の日常  ─ 命が宿り、球体を描くようにして人の輪が創り上げられていく様子 ─を描き出したもの。自らの写真の分岐点と位置づけるこの作品によってもたらされたものが浮かび上がります。

「イメージ」や「目の前の光景」との関わり、「撮る」ことと「見る」ことの往還に触れながら、いま向き合っている写真について、最も注目される写真家による対話です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:2017年12月9日(土)14:00〜 (13:30開場)

料金:1000円  +(1drink 500円)

当日、石川竜一 写真集購入者に特典あり
当日、奥山由之 写真集購入者に特典あり<ポストカード>

【出演】

石川竜一(写真家)
奥山由之(写真家)

【予約】

下記フォームよりお申込み下さい。
→ 定員に達したため、ご予約受付を終了いたしました。沢山のご予約、誠にありがとうございました。

<PROFILE>

石川竜一(Ryuichi Ishikawa)

1984年沖縄県生まれ、沖縄県在住。2015年に木村伊兵衛写真賞、日本写真協会新人賞を受賞。近年の主な展覧会に「考えたときには、もう目の前にはない」(横浜市民ミュージアムあざみ野、2016年)、「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」(森美術館、東京、2016年)、「BODY/PLAY/POLYTICS」(横浜美術館、2016年)、「日産アートアワード2017 ファイナリスト5名による新作展」(BankART Studio NYK、横浜、2017年)など。主な写真集に、『絶景のポリフォニー』、『okinawan portraits 2010-2012』、『adrenamix』、『CAMP』、『okinawan portraits 2012-2016』がある。
新作個展「OUTREMER/群青」(会期2017年11月11日〜12月10日)を、アツコバルー arts drinks talk (渋谷)にて開催中。同名の写真集を製作中。


奥山由之(Yoshiyuki Okuyama)

1991年東京生まれ。2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。 2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞受賞。著作は他に『THE NEW STORY』(15 年)、『march』(15 年)、『君の住む街』(17年)などがある。
主な個展は、「Girl」Raum1F(12 年)、「BACON ICE CREAM」パルコミュージアム(16 年)、「THE NEW STORY」POST(16 年)、「Your Choice Knows Your Right」REDOKURO(17 年)、「君の住む街」表参道ヒルズ スペースオー(17年)など。
新作個展「As the Call, So the Echo」(会期 2017年11月18日-12月24日)を、Gallery916(竹芝)にて開催中。
同名の写真集『As the Call, So the Echo』(本体価格4500円、上製布装、168頁)を赤々舎より2017年12月10日刊行。


会場:VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)

<< Previouse 1234567891011